「携帯が壊れた」は本当?市原隼人は木村拓哉からのLINEを避けていた!?

2月20日(月)9時59分 アサ芸プラス

 SMAP解散騒動以来、すっかり嫌われ者になってしまった木村拓哉だが、一般人のみならず共演者からも嫌われていた!?

 2月15日、映画「無限の住人」の完成報告会見に出席した木村は、共演した市原隼人とのLINEにまつわるエピソードを披露。木村は市原とLINEでやり取りしていたのだが、ある時期からメッセージを送っても反応がなく、「既読」すらつかなくなり無視されているのではないかと心配だったという。

「原因は市原が壊してしまい新機種に変わったからだったとのこと。しかし、『携帯を壊した』は連絡を取りたくない相手に対して使う常套手段です。本当に壊したとしても、番号はそのまま新機種に移行することができますから、少なくとも市原にとってキムタクは“連絡が取れなくても別にいい人”だったと言えそうです」(芸能ライター)

 完成報告会見で市原はキムタクについて、「自分のことよりも周りのことを気にしてくれるすばらしい男だと感じました」「こういう男になりたいと思った先輩は初めて」と、手放しでホメまくり。逆に“ホメ殺し”だと受け取られそうなほどだったという。前出の芸能ライターが続ける。

「キムタクを擁護した明石家さんまが大バッシングされているのを見てもわかるように、いまキムタクと仲良くするメリットは何もありません。キムタクの口から自分の名前が出ることを嫌がるタレントがいても当然。市原もその1人かもしれませんね」(前出・芸能ライター)

 しばらくしたら、また市原の携帯が壊れたりして!?

アサ芸プラス

「LINE」をもっと詳しく

「LINE」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ