「水着なんてどうせオカズ」清水富美加の告白本が赤裸々すぎる!

2月20日(月)10時50分 アサ芸プラス

 事務所の悪口だけではなく、ファンの悪口まで!

 宗教団体「幸福の科学」に出家を表明した清水富美加が、まさかの告白本「全部、言っちゃうね。」を2月17日に電撃発売し、物議を醸している。

 清水が「遺書を書くような思い」で執筆したというこの著書は、発売日当日に大手通販サイトのアマゾンで定価1296円を大きく上回る3000円〜4000円台で取り引きされるなど、まさに注目の一冊となっている。

 清水の葛藤や苦悩が赤裸々に書き記された同書だが、清水が強要されていたという水着仕事については、「水着の仕事って言ったって、おかずですよね」とストレートな発言。また、握手会については「手がぬるぬるしているおじさんとかに、すっごい気持ち悪い握手のされ方をする」と嫌悪感を全開で、「この見知らぬおじさんが私の写真やDVDを観て家でなにしてるんだろうとか考えてたらもう、ほんとうに悲しくなって」と続けるなど、本のタイトルに偽りなしの内容となっている。エンタメ誌のライターが言う。

「それを言ったらおしまいという告白ばかりです。正直、覚悟が足りなかったと思ってしまうところがある。清水は以前、NHK朝ドラ『まれ』で共演した高畑裕太が、自分の髪についた米を手でとって食べたことにドン引きしたと話していましたが、それもバラエティ用の発言ではなく、本音だったようですね」

 清純派女優の腹の内はかくも黒いものが渦巻いていたとは‥‥。

(佐伯シンジ)

アサ芸プラス

「清水富美加」をもっと詳しく

「清水富美加」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ