『バチカン奇跡調査官』が2017年夏にTVアニメ化 天才神父コンビが世界中の謎を解き明かす

2月20日(月)18時0分 BIGLOBEニュース編集部

TVアニメ『バチカン奇跡調査官ティザービジュアル(C)2017 藤木稟・THORES 柴本/KADOKAWA/「バチカン奇跡調査官」製作委員会

写真を拡大

角川ホラー文庫で刊行中の小説『バチカン奇跡調査官』がTVアニメ化し、2017年夏に放送されることがわかった。これにあわせて、ティザービジュアルとスタッフが公開された。


原作の『バチカン奇跡調査官』は、藤木稟によるシリーズ累計100万部突破のミステリー小説。美貌の天才科学者にして真理究明の申し子・平賀と、古文書・暗号解読のエキスパート・ロベルトが世界中の難事件を解き明かす。TVアニメ化にあたって藤木氏は、「一寸未だに信じられないでいます」「アニメになって喋って動く平賀とロベルト達を見るのがドキドキ楽しみです」と期待のコメントを寄せている。


TVアニメ『バチカン奇跡調査官』の監督は、「食戟のソーマ」の米たにヨシトモが務め、シリーズ構成は「とある科学の超電磁砲」の水上清資が担当する。また、アニメーション制作はJ.C.STAFF、キャラクターデザインは同社所属の岩倉和憲が努める。


<INTRODUCTION>
偽りを見破り、まやかしを退け、神の奇跡にたどりつく。
それが私たち、奇跡調査官の務め—
天才科学者の平賀と、古文書・暗号解読のエキスパート、ロベルト。
二人は良き相棒にして、バチカン所属の 『奇跡調査官』──世界中から寄せられる奇跡の真偽を調査し判別する、秘密調査官だ。
調査に訪れた先で出会う不思議な出来事—浮かび上がる聖痕、涙を流すマリア像。奇跡の真偽を見定める中に、突如起こった奇怪な事件——


TVアニメ『バチカン奇跡調査官』


(C)2017 藤木稟・THORES 柴本/KADOKAWA/「バチカン奇跡調査官」製作委員会

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「奇跡」をもっと詳しく

「奇跡」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ