数億年の生物「シーモンキー」飼育セット最新作 アクアリウムのように鑑賞

2月20日(木)17時0分 J-CASTニュース

「海底城」がモチーフの水槽で「シーモンキー」を育てて楽しめる

写真を拡大

家庭用ゲームおよび玩具などを手がけるハピネット(東京都台東区)は、飼育キット「シーモンキーズ!発見!不思議な海底城」を、2020年2月22日に全国の玩具店およびインターネット通販などで発売する。

浄水粉やエサ、酸素を入れるエアポンプ付属



「アルテミア(別名ブラインシュリンプ)」と呼ばれるエビやカニの仲間で、数億年前から存在し、卵の状態で何十年も生き続けるという生き物を飼育できる「シーモンキーズ」シリーズ最新作。



ブルークリアの"お城"のオブジェを水槽内に配置し、アクアリウムのように飾って鑑賞して楽しめる。飼育上重要という酸素を入れるためのエアポンプが付属する。



水槽に水と「浄水粉パック(1)」を入れ、約1日放置してから「シーモンキーの卵パック(2)」を入れエアポンプで空気を注入。数時間後にシーモンキーがふ化し始める。定期的に「エサパック(3)」を少量与え続ければ、約2センチまで成長するほか、上手に育てれば子供も生まれるという。



価格は2480円(税別)。

J-CASTニュース

「飼育」をもっと詳しく

「飼育」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ