優香、5年交際した山中さわおと破局報道! 年下俳優に乗り換えも...結婚は難しいとの指摘

2月20日(金)17時5分 メンズサイゾー

 タレントで女優の優香(34)が、約5年前から交際が伝えられていたロックバンド「the pillows」のリーダー・山中さわお(46)と昨年秋ごろに破局していたと報じられた。発売中の「週刊新潮」(新潮社)が伝えており、結婚をめぐって山中から衝撃的な言葉が飛び出したことが原因で別れたという。


 同誌によると優香が入籍を迫ったようだが、山中は「ミュージシャンだから結婚するつもりはない」ときっぱり断言。失望した優香は山中との別れを選び、現在は愛犬との"二人暮らし"になっているという。


 優香といえば、かつてはV6の岡田准一(34)や俳優の妻夫木聡(34)、ダウンタウンの松本人志(51)らと浮き名を流してきた恋多き女。岡田との恋愛では週刊誌に車中愛をスクープされ、「二人は後部座席で4時間も過ごした」「車が激しく揺れていた」という奔放すぎるエピソードも伝えられた。


 その一方、お笑い界の大御所・志村けん(64)の"正室"ポジションに収まったとされ、コント番組で長年共演するなど親密状態だったが、昨年から関係が急変。恒例の志村の誕生日パーティーを欠席し、コント番組のレギュラーからも外れることになった。それによって"バカ殿の大奥"の序列も変わり、優香のポジションは多岐川華子(26)や菜々緒 (26)に奪われ、私生活では決別したといわれている。


「優香さんは非常に結婚願望が高まっていて、そのためには志村さんから離れるべきだと決断した。志村さんは未練タラタラで彼女を引き留めようとし、最後に結婚を前提に告白しようとまでした。しかし優香さんの決意は固く、志村さんに呼び出された席に母親を連れてきて丁重に断ったようです。しっかり身辺整理してから結婚しようと考えていたのでしょう。ところが、パートナーになると思っていた山中さんも結婚を迫られると逃げ腰になり、それ以上の関係が望めなくなってしまった」(芸能関係者)


 5年も付き合った男から「ミュージシャンだから」と意味不明な理由で結婚を断られ、私生活はボロボロ。女優としても出演中のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』は低視聴率で優香の役柄もあまり目立っておらず、一部夕刊紙では「踏んだり蹴ったり」とまでいわれてしまっている。


 だが、そんな彼女の婚活にも光明はある。山中と別れた直後の昨年末、三浦友和(63)・山口百恵(56)夫妻の次男で俳優の三浦貴大(29)との熱愛説が女性誌で報じられたのだ。


 二人は一昨年に放送された深夜ドラマ『ハクバノ王子サマ 純愛適齢期』(日本テレビ系)で共演し、約1分50秒にわたる熱烈なキスシーンを披露した。昨年放送のNHK BSドラマ『キャロリング〜クリスマスの奇跡〜』で再共演し、それをきっかけに意気投合して仲を深めたと伝えられている。これまで「頼れる大人の人がいい」と年上趣味だった優香だが、そのころから周囲に「年下っていいよね」と事あるごとに三浦の話をするようになったという。


 また、三浦は女優の杏(28)と幼なじみで家族ぐるみの付き合いをしているが、杏が夫の俳優・東出昌大(27)と暮らしている家の近くに優香が引っ越したといい、三浦との逢瀬をマスコミに探られないためのカムフラージュかと推測されている。


 三浦は、学生時代に水泳やライフセービングで鍛えた肉体派で家柄の良さがにじみ出た誠実なタイプといわれている。これまで年上に遊ばれてきた経緯がある優香が、年下に狙いを定めてもおかしくないところだ。もしうまくいけば、待ちに待った幸せな結婚ができそうだが...。


「三浦は浅野忠信(41)の事務所に所属し、若手のホープとして扱われている。今月28日公開の映画『サムライフ』や今夏公開予定の映画『ローリング』で主演に選ばれ、同じく今夏に公開される話題の大作映画『進撃の巨人』でも重要キャラの一人であるジャンを演じるなど売り出しの真っ最中。今は役者としての評価を高めることが先決ですから、とても結婚を考えられる状況ではない。熱愛報道後、デートが目撃されたという情報もありませんし、関係が進展しているかは微妙なところです。もし仮に交際していたとしても、三浦の将来を考えるとゴールインは早くて数年後になってしまうでしょう。それまで優香が待てるのか、待ったとしても三浦が結婚を決断するのか。優香の年齢を考慮するとリスクが大きいように思えますね」(前同)


 今ごろになって山中との破局が報じられたのは、関係者筋からのリークがあったためともいわれている。もしそうなら、過去にきっちりケジメをつけて結婚に進みたいという優香の思いから生まれた報道といえるだろう。並々ならぬ結婚への意欲が感じられるが、果たして年下男をしっかり捕まえられるかどうか。今こそ、磨きに磨いてきた女の見せどころだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

「優香」をもっと詳しく

「優香」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ