「女体大回転」が激エロ接写の連続! 山あり谷ありの美女のボディをミニスキーヤーが大暴走

2月20日(火)17時0分 メンズサイゾー

 19日配信のネットバラエティ『妄想マンデー』(AbemaTV)で、オリンピックにちなんだセクシー企画が行われた。


 この番組は、お笑いコンビのアルコ&ピースが、アシスタントの今野杏南(28)や塩地美澄(35)と共に、"男の妄想をかきたてるエッチな企画"を実施するバラエティ。「妄マンガール」と呼ばれるグラドルたちが、水着姿で過激な姿を見せるため、以前から男性視聴者にアツい視線を注がれる。


 今回は、アルコ&ピースの平子祐希(39)の名前と現在開催中の平昌五輪をかけて、「平子昌(ひらこちゃん)冬季スポーツ大会」を開催。スポーツ大会といっても、出演者がゲレンデに出てスキーやスノボーなどで競うのではない。水着美女のボディを雪上コースに見立てて小型カメラ付きのミニスキーヤー人形を滑走させる「女体大回転」など、お色気バラエティらしい内容だ。


 その女体大回転のコースとなったグラドルは、「神ボディ」と称される松嶋えいみ(25)と『ミスFLASH2017』グランプリの月城まゆ(23)、クールビューティー系の魅力を放つ椿原愛(25)、ムチムチボディで人気の白川未奈(30)、そしてHカップ巨乳を誇る清水あいり(25)の5人。いずれもセクシーなビキニを身につけて床に寝転び、大回転のコースになりきった状態で登場した。


 さっそく、アシスタントの今野が、松嶋のボディを舐め回すようにスキーヤーを動かし始める。87センチFカップ巨乳の付近からスタートしたことで、小型カメラには深い胸の谷間が映り、その間をスキーヤーは滑っていく。そのままおへその上を走り、ビキニパンツの上を経て肉感的な太ももへ。長い美脚をゆっくりと降り、次のコースへと向かった。


 松嶋の次に入ったのは月城コース。ここでは足先から滑り始め、真っ白な太ももを駆けのぼる。するとスキーヤーは「ぷくり」と膨らむ女性らしい下っ腹に到達。プニプニのお腹がドアップで映されると、月城は「やだぁ...」と恥ずかしそうに呟く。そんな彼女のリアクションは気にせず、スキーヤーは月城の美白ボディを上へ上と進み、見るからに柔らかそうなFカップ乳の頂にたどり着いた。


 次に今野が操るスキーヤーが向かった先は、椿原のしなやかな美ボディコース。お尻から走り始めたスキーヤーは、うっすらと腹筋が浮かぶお腹周りを通過して、ふんわりと膨らむ胸の谷間に向かう。この日、椿原は花柄のビキニだったため、画面には小高い丘にあるようなお花畑が映された。


 ここまで順調に滑ってきたスキーヤーだが、むっちり系の白川コースに入った途端に暴走してしまう。太もものウラからスタートしたのだが、お尻のワレメにいきなり突っ込んだのだ。これには白川も苦笑い。しかも、その後に白川が仰向けになると、なぜかスキーヤーは股間付近でウロウロする。当然ながら、画面に映るのは股間のドアップだ。


 そしてラストは、「フィギュア体型」と称される清水のメリハリボディの上を滑走。Hカップ巨乳の上から引き締まった腰回りに滑りおり、迫力満点の高低差を感じさせる映像が映し出されることになった。


 この女体大回転にネット上の男性視聴者は、「まさに山あり谷ありの激エロコース!」「あんちょ(今野の愛称)のコース取りが絶妙」「ドアップ映像がエロすぎる」などと大興奮。その後も、横になっているビキニ美女の上に置かれたマシュマロを、目隠したグラドルが舌を使って拾い上げる「女子滑口(かっこう)」などの過激な競技が行われ、最後まで視聴者は大盛り上がり。グラビアファンにとって、今回の『妄想マンデー』は平昌五輪並みにアツい番組になったようだ。

メンズサイゾー

「暴走」をもっと詳しく

「暴走」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ