all at once、亀田誠治プロデュース楽曲でメジャーデビュー!

2月20日(木)15時0分 OKMusic

(OKMusic)

写真を拡大



北海道出身のITSUKIと宮崎県出身のNARITOで結成されたヴォーカルデュオのall at onceが、4月29日にシングル「12cm」でメジャーデビューすることがわかった。彼らの武器である“声”から奏でられるハーモニーは聴く人の心を潤してくれる。

今回、発表されたシングルの表題曲「12cm」は、“キスをするのに最適な身長差が12cmである”という男女の身長差をキーワードに制作された6分越えの純愛ラブストーリー。彼らの歌声が最も映えるバラードナンバーに仕上がっている。また、アレンジ及びプロデュースは亀田誠治が担当。本人からのコメントも到着している。

そして、2曲目の「Take mo’ Chance」は、TOKYO MX他にて放送中のTVアニメ『ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。』のオープニング主題歌となっている。さらに、今作はデジタル盤(配信およびサブスクリプション)限定で3曲目を収録。3曲目「雨上がり架かる虹」は、シンガーソングライターとしてだけでなく、楽曲提供やサウンドプロデュースなど各方面で活躍するTHE CHARM PARKが手掛けている。

また、情報解禁と同時に本作のディザー映像も公開! ふたりのハーモニーを早速楽しむことができるので、併せてチェックしよう。

【亀田誠治 コメント】

ふたりの歌声を初めて聴いた時に、最近聴いたことがないくらいの王道感があるなと。“歌を聴かせる音楽”の本質を久しぶりに聴くことができ、鳥肌が立ちました。ふたりの歌声・音楽はたくさんの人の心の中にある原風景のようで、純粋に“これみんな好きなんじゃないの?”と思いました。何よりも自分が素直に好きだな、ぜひこのアーティストをプロデュースしてみたいなと思いました。

彼らの歌声の良さは、ピュア、無垢、少年性、不器用だけど愚直なまでに真っ直ぐで、一つ一つの言葉や歌詞の風景が心に刺さってくることです。「12cm」は、デビュー曲にして6分越えの壮大なバラードで思い切った楽曲だなと思いましたが、聴いている人の心の中で情景が見えたり、それぞれの人生のストーリーに変換し共感できるような、全方位に届く王道感というものを僕の中で大事にしました。

ただ、古き良き王道のポップスをなぞっているだけではダメで、最新の技術や最先端の録音技術が必要なため、ミュージシャンやエンジニアも含めて、僕が信頼している最強のチームで挑ませていただいています。

シングル「12cm」

2020年4月29日発売

【パッケージ盤】(CD+DVD)
<収録曲>
■CD
1.12cm
作詞:矢作綾加/all at once 作曲:all at once 編曲:亀田誠治
2.Take mo’ Chance
作詞・作曲・編曲:Ra-U
※アニメ『ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。』オープニング主題歌
■DVD
「12cm」MV+メイキング映像
その他特別映像収録予定

【デジタル盤】※配信・サブスクリプション
1.12cm
作詞:矢作綾加/all at once 作曲:all at once 編曲:亀田誠治
2.Take mo’ Chance
作詞・作曲・編曲:Ra-U
※アニメ『ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。』オープニング主題歌
3.雨上がり架かる虹
作詞:Mizuho Nagaoka 作曲・編曲:THE CHARM PARK


OKMusic

「プロデュース」をもっと詳しく

「プロデュース」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ