怪しげな個室サービス ネットで調べれば「前科」すぐ判明

2月20日(金)16時0分 NEWSポストセブン

 マッサージや占いなど、個室でサービスを提供する業種において、客の女性がわいせつ行為を受ける事件が相次いでいるという。レイプクライシスセンターTSUBOMI代表の望月晶子弁護士は言う。


「レイプまでされてしまうケースもあります。マッサージや整体などでは、最初は『坐骨神経痛ならここがツボですね』などと言いながらお尻を触って、反応を見て徐々に行為をエスカレートさせていくんです」


 実際、2013年6月には、患者の女性を強姦したなどとして、奈良県の50代の柔道整復師が逮捕・起訴された。


 自身の経営する接骨院を訪れた20代の女性を腰痛治療と偽って強姦。奈良地裁は懲役4年6か月を言い渡したが、検察側の求刑は懲役7年だった。


「個室犯罪で狙われるのは、おとなしくやさしい性格の女性ばかり。そうした女性は『この男性が私にそんなことをするはずない』と信用するし、おかしいと思っても言えずに我慢してしまう。犯罪者はそんな気持ちにつけ込むんです」(望月弁護士)


「自分は大丈夫」と思っている人でも、いざという時にうまく対処できるかはわからない。


「危険な密室」には近づかないのがいちばんだ。路上で呼び込みしている人に安易についていかないのは当たり前。


「個室の仕切りが壁ではなくカーテンなどのオープンな店を選ぶ。また、男性スタッフだけでなく女性スタッフもいるお店を選びましょう」(望月弁護士)


 事前に、ネットなどで店の評判を調べておくことも必須だ。弁護士法人シティ総合法律事務所の会田岳央弁護士は言う。


「怪しい店は何回もわいせつな行為を繰り返していることが多く、ネットで噂になっている可能性が高い」


「おいしい話」や「特別に」といった誘いにのらないことも大切だ。「個室」は女性にとって危険な場所であることを肝に銘じておきたい。


※女性セブン2015年3月5日号

NEWSポストセブン

「マッサージ」をもっと詳しく

「マッサージ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ