長澤まさみ「艶衣装」封印にファンが「スタイリストを代えて!」とおかんむり

2月21日(火)9時58分 アサ芸プラス

 女優の長澤まさみが2月16日、映画「SING/シング」の完成報告会見に出席した。同映画で長澤は日本語の吹き替えを担当している。

 長澤といえば初舞台「キャバレー」の衣装と演技が艶っぽいとして話題になったばかり。30歳を目前にして、ついに艶気開眼かとささやかれただけに、今回の衣装も大いに期待された。

「アニメーション映画なので艶っぽさは控えめだろうと思っていましたが、控えめどころか肌見せのほとんどない衣装でガッカリしました。長澤らしさがまったくないんですよ」(取材カメラマン)

 長澤の衣装は真っ赤なズボンに白の長袖シャツというコーディネート。シャツの上に黒いビスチェのようなものを身に着けており、体のラインははっきりしない。

「この衣装が『変な服』『オシャレのつもりなのか』と激しくバッシングされてしまいました。彼女は2016年9月にカナダで行われた映画祭でも変な衣装を着て、さんざん叩かれたばかり。ネット上でも『長澤の魅力がわかってない』『スタイリストを代えたほうがいい』とファンはおかんむりです」(女性誌記者)

 次のイベントで長澤がどんな衣装を身につけるのか。注目して見守りたい。

アサ芸プラス

「長澤まさみ」をもっと詳しく

「長澤まさみ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ