「うたのおにいさん」が番組卒業、ママたちの顔を曇らせた“2つの歌”とは?

2月21日(火)5時59分 アサ芸プラス

「おかあさんといっしょ」(NHK)のうたのおにいさんである横山だいすけおにいさんが、番組を卒業することが発表された。だいすけおにいさんは2008年に11代目のうたのおにいさんに就任。以来、史上最長となる9年もの間、番組の顔として活躍してきた。

 卒業の理由を「あつこおねえさんになりキャラクターも変わり、いろいろなことが新しくなっていく中で(卒業への)気持ちが大きくなった」としている。

 だいすけおにいさんは3月いっぱいまでで、4月1日からは花田ゆういちろうおにいさんにバトンタッチするようだ。

「卒業するまでの間にぜひとも見てほしいものが2つあります」

 と語るのはテレビ誌のライターだ。

「ひとつは『かぞえてんぐ』で、もうひとつが『イカイカイルカ』。どちらもだいすけおにいさんがはっちゃけまくりで、幼児番組とは思えない品のなさが特徴です」

 かぞえてんぐは、だいすけおにいさん扮する天狗が物の数を数えるお芝居。無事数えることができると、天狗の鼻からさまざまなものが飛び出すのだが、鼻が男の下半身のようだと話題に。また、おにいさんが「ハアハア」しながら数えるシーンは、行為の最中を思わせると、顔をしかめたママたちも多かった。

「一方の『イカイカイルカ』は、イルカの着ぐるみを身につけたお兄さんが激しく腰を振りながら踊る歌です。イルカが口から『る』の文字を吐くシーンは、おにいさんが下半身から液体を発射しているように見えると話題になっています」(前出・テレビ誌ライター)

 ひょっとして、この芸が原因でNHKにリストラされたんじゃ?

アサ芸プラス

「卒業」をもっと詳しく

「卒業」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ