フラれた!?清水富美加、大川隆法・長男から“結婚拒否”された理由

2月21日(木)13時50分 アサジョ

 2月21日発売の「週刊文春」が、宗教法人「幸福の科学」の大川隆法総裁の長男である宏洋氏をインタビュー。宏洋氏は、大川氏から女優・清水富美加(法名・千眼美子)との結婚を強要されたことで、教団と決別したことを告白した。

 宏洋氏は1989年、5人きょうだいの長男として生まれ、青山学院大学を卒業後、「幸福の科学」の理事長や系列会社を歴任。教団の映画制作などを担当していたが、2018年10月、動画サイト「YouTube」の自身のチャンネルで「幸福の科学」との決別を宣言。記事では、その驚きの理由が明かされていた。

「17年1月、大川氏が、宏洋氏に清水との結婚を強制したことが発端とあります。そのとき、大川氏は結婚のために清水には芸能事務所を辞めさせると言ったそうです。実際、清水は同年2月に突如、芸能界引退を表明し、千眼美子として『幸福の科学』への出家を発表。ところが、宏洋氏は清水との結婚に難色を示し、大川氏は激怒したとか。埒が明かないと判断した宏洋氏は、教団を去ることを決意したというのが真相のようです」(週刊誌記者)

 それにしても、美人女優として名を馳せた清水のどこが気に入らなかったのか?

「二面性があるから信用できない、というのが結婚を拒んだ理由のようでした。表向きはニコニコしているそうですが、映画の撮影中、撮影スタッフの陰口を言うなど、裏表の激しい性格を見て、一緒に生活できないと感じたとか。また、教団の基本となる経典『悪霊撃退の祈り』を清水が読んでないことも宏洋氏は記事で明かしています」(前出・週刊誌記者)

 宏洋氏が結婚を拒んだ理由は、実はもう1つあった。2月20日のツイッターで「清水富美加さんと恋愛関係にあったと言うのはデマなんですね…」という質問に対し、宏洋氏は「ガッツリ他に彼女いました笑」と回答。教団が誇る美人女優も、形無しだ。

(石田英明)

アサジョ

「清水富美加」をもっと詳しく

「清水富美加」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ