泰葉「耐え難いショック」 「自己破産後に実家訪問」の様子明かす

2月21日(水)20時36分 J-CASTニュース

泰葉さん(写真は2016年9月撮影)

写真を拡大

歌手の泰葉さん(57)が、最新のブログで「家族との離別」を明らかにした。

前日のブログでは自己破産を報告。絶縁中の家族にお詫びしたが関係修復に失敗した、としていた。



母の咳払いのような音が聞こえた




泰葉さんは落語家の故・林家三平さん(先代)とエッセイストの海老名香葉子さんの次女。俳優・峰竜太さんの妻でタレントの海老名美どりさんを姉に、落語家の林家正蔵さんと林家三平さんを弟にもつ。



泰葉さんは2017年12月のブログで「私は債務整理をする決断をしました きちんと整理をして新たな道を歩みたいと思います」と宣告しており、18年2月19日のブログで自己破産を報告した。



「ここ数日頑張りましたが DVDが数十枚しか売れず 自己破産になりました」。泰葉さんはその上で、



「これから根岸の実家に戻ってお詫びをし家族の縁を復活させてもらいたいと思います」


と、17年6月に絶縁を宣言した実家との関係を修復する方針を示した。



だがその後のブログによると、泰葉さんは実家を訪問したが「応答してくれませんでした」とし、



「私がねぎしの玄関 チャイムを鳴らすと 事務員さん女性がハイと言ったので泰葉ですと話すと 後ろで母の咳払いのような音が聞こえました」


と明かした。姉の家にも行ったが「留守でした」という。



翌20日のブログでは「昨晩は泣きはらし 私はなぜ生まれてきたのか、、、と自分を責めました」とし、「母って、、、」と題するブログでは、



「娘が頑張って頑張ってぼろぼろになってごめんなさいって戻ってきたら門前払いをできるのでしょうか?」

「たしかに私が悪いです」

「私だったら私だったら子どもを抱きしめてあげます」


と投稿した。



「気持ちは通じていると思っていました」




泰葉さんはその後も「ねぎしには事あるごとにメールを送っていました」と絶縁中でも連絡を取っていたとし、



「こんなにされても私はまだ母や家族を愛しています 近況やテレビを見た感想、、、気持ちは通じていると思っていました(略)馬鹿ですね、、、」


などと投稿。20日付の最新ブログでは「家族との離別は耐え難くショックで 伏してしまいました」(原文ママ)とした上で、



「でも心配しないでください スタッフや友人が助けてくれています」


と結んでいる。

J-CASTニュース

「破産」をもっと詳しく

「破産」のニュース

BIGLOBE
トップへ