松井玲奈が「ワクワクドキドキ」体験 原宿で「懐かしいね!」と大興奮

2月21日(水)12時23分 J-CASTニュース

アイドル時代の松井玲奈さん(2014年7月撮影)

写真を拡大

1999年から2003年にかけて放送されたアニメ「おジャ魔女どれみ」(テレビ朝日系)。当時の少女たちから高い人気を誇った作品で、元SKE48松井玲奈さん(26)も「おジャ魔女世代」の1人。

2018年2月21日に更新したインスタグラムで、「おジャ魔女どれみカフェに行ったのさ」と報告した。



期間限定のコラボカフェへ




東京・原宿に18年1月から期間限定でオープンしている「おジャ魔女どれみ」のコラボカフェでは、アニメに登場するスイーツなどを忠実に再現したメニューなど、「おジャ魔女どれみ」の世界観を楽しむことができる。



20日更新のブログによると、RPG系バンド「魔法少女になり隊」のボーカル・火寺バジルさんと一緒に行ったといい、


「おジャ魔女世代な私たち。メニューも内装もワクワクドキドキ!」

と興奮気味だ。店内ではアニメのオープニングソングとエンディングソングが終始流れていたそうで、


「懐かしいね!これ好きだった!なんてきゃっきゃしてました」

と楽しげな様子を明かした。



インスタグラムによると、松井さんは「ママ特製 チャイドルおんぷのためのサンドイッチ」を注文したようで、


「おんぷちゃんはアイドルだから、サンドイッチも果物も何もかもがひと口サイズでした」

と感想を記した。おんぷちゃんは紫をイメージカラーとするメインキャラクターの1人で、人気「チャイドル(チャイルド+アイドルの造語)」。メニューは、撮影や歌の収録に大忙しなおんぷちゃんのためにママが作ったお弁当が再現されている。



投稿された写真には、松井さんとおんぷちゃんが2ショットで写っており、


「おんぷちゃん可愛いよね 玲奈ちゃんはもっと可愛いけどね」

「ひょんさんとおんぷちゃんの強力なコンボ(笑)」

「かわいすぎる れなさんもおジャ魔女どれみになれそうです」

といったコメントが寄せられた。

J-CASTニュース

「松井玲奈」をもっと詳しく

「松井玲奈」のニュース

BIGLOBE
トップへ