ピコ太郎、ももクロと新曲 「あかん。 脳内リフレインしてる」

2月21日(水)13時54分 J-CASTニュース

ピコ太郎新曲はももクロとコラボの野菜ソング(2016年10月28日撮影)

写真を拡大

「PPAP」で知られるミュージシャンのピコ太郎とアイドルグループのももいろクローバーZが、「ももピコちゃんZ」として野菜の名前を連呼するコラボ曲「Vegetable(ベジタボー)」を、2018年2月20日にピコ太郎のYouTubeチャンネルで発表した。


動画やツイッターには、国内外からのコメントが多数投稿されており、奇妙でありながらも耳に残る曲に「中毒」になった、という反応が続出している。



「楽曲から振付から編集まで本気の本気出しました」




「ピコ太郎のプロデューサー」こと古坂大魔王さんは、公開される直前のツイッターで、



「数年前の俺に... 明日の動画を見せてみたい。

ぶっ飛ぶだろうな... 泣くだろうな。

とうとう明日... 何らかの動画を... 解禁します。

楽曲から振り付けから...編集まで...本当の本気出しました... 皆さま... 全世界拡散準備( ̄^ ̄)ゞよろしく!」


と告知をツイートしており、注目を集めていた。



そうして投稿された「渾身の一撃」だという新曲動画「Vegetable(ベジタボー)は、「PPAP」を髣髴とさせるシンプルな白背景でありながら、いつもの派手な衣装に身を包んだピコ太郎に加え、ピンク、赤、黄色、紫の衣装をまとったももクロの4人の姿が映える出来栄えになっている。



動画の解説文に、



「『PPAP』で『果物』をテーマにしたピコ太郎の新曲はまさかの『野菜』です。ぜひ歌って踊って楽しんでください!」



とある通り、歌詞は「トマト」「プチトマト」「ポテト」「パンプキン」「パセリ」の5つの名称のみ。「PPAP」も少ない単語数で構成された曲だったが、こちらは名詞のみと更にシンプルさに磨きがかかっている。また、中盤ではケロケロボイスを使うなど、新機軸も導入されている。




曲の動画が公開されると、ツイッターには



「トメート→プチ...→ポテト! あかん。 脳内リフレインしてるw」

「面白いwwwピコ太郎そんな好きじゃないんだけど、ももクロちゃんがやるとどうしてこんなに面白可愛いのw」

「ももクロ新メンバーはピコ太郎wwww」

夏菜子のうひょりながらのトメェトゥがバカにしてるようでたまらん(笑) スタジオに響き渡る食いぎみのれにのポ↑テェトも耳から離れん(笑)」


といった反応が寄せられた。



「伝説が天使と一緒に帰って来た」




国内外でブレイク中のピコ太郎の新曲だけあって、海外からも多数の反応があり、動画には、



「伝説が天使と一緒に帰って来た」

「もう大好きになったよ」


といった感想の他にも、



「好きだけど...これは何なんだ?」

「いったいなにを見ているのだろう?」

「洗脳されてしまった」(いずれも原文は英語、記者訳)


と、困惑するコメントも相次いで寄せられている。また、「トマトはフルーツでは?」と疑問を呈する人もいた。

J-CASTニュース

「ピコ太郎」をもっと詳しく

「ピコ太郎」のニュース

BIGLOBE
トップへ