「最強合法ロリ」小池里奈、初のTバックに絶賛の声...熱狂的ファンはスタッフに嫉妬?

2月21日(日)18時0分 メンズサイゾー

 今月14日に発売された女優・小池里奈(22)の最新写真集『Departure』(ワニブックス)が話題になっている。


 13冊目となる同写真集はフランス・パリで撮影され、自身初のTバックに挑戦。ベッドや屋外で軟らかそうなマシュマロヒップを突き出したり、妖艶な下着姿で腰を浮かせたりとセクシーショットが絶賛されているのだ。今年1月に写真週刊誌「FLASH」(光文社)で先行カットが公開されていたが、その時点で「待ちきれない!」「最高のお尻だ」などとファンが大興奮。予約が殺到していたらしく、売れ行きも好調のようだ。


 このところ小池はセクシー路線を強めており、昨年リリースしたイメージDVD『Rina&lip〜リナトリップ〜』(キングレコード)はスケスケのドレス衣装やランジェリーシーンが満載。顔立ちが幼いまま変わらないことから「最強の合法ロリ」と一部で呼ばれており、ロリータフェイスでセクシー度を高めていく路線によって男性ファンをトリコにしている。


 14日に出席した発売記念イベントでは「パリに影響されて開放的になりました」と本人が語っており、それが初のTバックを決断させる理由にもなったようだ。だが「次回はもっと?」とさらなる露出について記者から問われると「いやいや、大事なところは守ります」と笑顔で"死守"を宣言した。


 しかし、セクシー路線はエスカレートしていくのが宿命であるためにファンの期待は高まっている。3月9日には最新イメージDVD『Rina Paris』(キングレコード)のリリースを予定しているが、そちらもファンにとってマストアイテムとなりそうだ。


 その一方、熱狂的なファンからは不満の意見も漏れている。際どい衣装を着ていても写真や映像が「股間接写」「食い込み激写」などの攻めたアングルではないために「スタッフやカメラマンばかりがおいしい思いをしている!」と、小池の肢体を現場で眺めることができる関係者に対する嫉妬の声が続出しているのだ。


「あくまで小池さんは女優。着エロアイドルとは一線を画す存在ですから、あまり露骨なアングルで攻めるわけにいかない。エグい写真や映像ばかりになってしまったら彼女のイメージも悪くなるでしょう。しかし、ファンがスタッフやカメラマンに嫉妬するのは、それだけ『見たい』と思わせる極上ボディーであるという証拠。本来なら美しく撮影している努力は賞賛されるべきでしょうが、ファンの冷静な感覚を狂わせるほど彼女に魅力があるのでしょうね」(アイドルライター)


 小池といえば小学生時代に特撮ドラマ『美少女戦士セーラームーン』(TBS系)のセーラールナ役でデビューし、数々のドラマや映画に出演するとともに『仮面ライダーキバ』(テレビ朝日系)や『ウルトラマンギンガS』(テレビ東京系)で見せた健気な役柄で特撮ファンからの支持を獲得。また、放送中のドラマ『スミカスミレ 45歳若返った女』(テレビ朝日系)で主人公役の桐谷美玲(26)をいじめる腹黒ぶりっ子の女子大生を好演するなど、大人になってからは演技の幅の広さを見せている。


 一般的に子役時代に人気が出てしまうと成長した途端に「劣化した」とけなされやすいが、小池に限っては「変わらなさすぎる」と評判になるほどロリータフェイスのまま。少女の顔立ちで色気あふれる大人に成長していく彼女は「最強合法ロリ」の名にふさわしい存在といえそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

「小池里奈」をもっと詳しく

「小池里奈」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ