岡村隆史がめちゃイケで「嫌なら見るな」発言を謝罪した理由

2月21日(水)16時0分 まいじつ


(C)まいじつ



ナインティナイン』の岡村隆史が、2月17日放送の『めちゃ×2イケてるッ!』で、フジテレビが凋落したことを象徴する言葉になっている「嫌なら見るな」という発言について謝罪をした。


【関連】 「中居&ナイナイ日本一周」番組ラストにサプライズか ほか


フジテレビを批判するときの“標語”となったのが、岡村による「嫌なら見るな」の発言だった。ほかの芸能人も同様のことを言っていたが、岡村の発言だけが取り上げられ、しかもそれをフジテレビの人間が言ったと誤解する人まで続出し、フジテレビバッシングは加速した。


この発言から7年が経ち、最終回が迫っているめちゃイケでついに、岡村が『極楽とんぼ』の加藤浩次に促される形で謝罪した。なぜいまになって謝ったのだろうか?



岡村だけに責任を押しつけたフジ


「バッシングが起きた当初は、フジの局員も完全に甘く見ていたのですが、視聴率が下がると同時に広告収入が激減し、昨年4〜9月期も営業赤字でした。嫌なら見るなどころか“お願いだから見てください”という状況です。 岡村もフジの惨状は身に染みるほど分かっているため、めちゃイケが終わる前に一度、謝らざるを得なかったのです」(フジテレビ関係者)


岡村が謝罪をした際に、放送では《(注)フジテレビはそんなこと1回も言っていません。》というテロップが表示されていた。


「『ちゃんとフジの発言ではないと伝えるように』と、指示があったといいます」(同・関係者)


岡村ひとりにすべての責任を押し付けなければならないほど、フジテレビは追い込まれている。



まいじつ

「岡村隆史」をもっと詳しく

「岡村隆史」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ