オジー・オズボーン、結婚生活は「今が最高」

2月21日(金)2時6分 ナリナリドットコム

オジー・オズボーン(71歳)の結婚生活が、いまだかつてないほど最高だという。

1982年にシャロン・オズボーン(67歳)と結婚したオジーは、最近は肺炎やパーキンソン病など様々な健康問題を抱えるものの、妻との関係に関しては幸せいっぱいだそうだ。

「可哀想にお年を召したシャロンは今やママでパパ、全部こなしている。ひっきりなしに働いている」
「しかし、俺たちの関係はかつてないほどいい。あいつに俺は心底惚れているし、向こうも俺にだ。あいつは最高だ。見た目もかなりいい」

昨年の転落事故で、2003年の4輪バイク事故で負った首の怪我が悪化し、その痛みと闘っているオジーはザ・サン紙にこう明かしている。

「(転落を)まるで昨日のことのように記憶している。俺はあそこに横たわって、何よりも澄んだ静寂な思考の中にいた。『おいオジー、お前やっちまったな』って思ったよ」
「痛み止めを何錠も飲まなきゃならず、そこら中の鎮痛剤を全部使い尽くしたくなる」
「看護師が俺の薬を管理しているから、奴らがくれたもの以外は使えない」
「着替えにも風呂にも手助けが必要さ。無様この上ないだろ?」

そして首の怪我による痛みとパーキンソン病を比較し、「パーキンソン病か、この首のどっちを取るかって言うなら俺はパーキンソン病だ。もう1年もこんな調子だ」「まず始めに手が感染して使えなくなって、ツアーができなくなった。次に肺炎だ。それから転落。で、手術を受けて今日俺はここにいる。狂いそうにもなるさ」と続けた。

ナリナリドットコム

「結婚」をもっと詳しく

「結婚」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ