イトヲカシ、2年連続で河合塾のCMソングに決定

2月21日(水)11時0分 OKMusic

(OKMusic)

写真を拡大



2人組音楽ユニット・イトヲカシが、2017年に引き続き“河合塾2018年度CMタイアップソング”に決定した。イトヲカシは、伊東歌詞太郎と宮田“レフティ”リョウによる2人組音楽ユニット。ネットから人気に火がついた彼らは10代を中心に絶大な人気を誇り、Twitter合算フォロワー数はなんと76万人を越える。2017年に“河合塾2017年度CMタイアップソング”に抜擢され、応援歌「さいごまで」を書き下ろしたところ、楽曲の評判が非常に良く、再び河合塾からオファーを受ける形となった。同じアーティストが二年連続で河合塾のCMタイアップを担当するのは異例のことだという。

イトヲカシが今回書き下ろしたのは、「さいごまで〜Reprise〜」。前作「さいごまで」の続編とも言えるであろう今作はゆったりとしたバラードだが、優しさの中にどこか力強さを併せ持った《どこにでも行けるさ》というフレーズに強く背中を押されるだろう。前作「さいごまで」は王道の応援歌として話題となり、カラオケJOYSOUNDが発表する“受験で不安なときに勇気をもらう、もらった曲”ランキング(20代以下)では名曲に並び3位にランクイン。どこまでもまっすぐな彼らの音楽は確実に若者の心を打っている。

2017年に話題となった、映画『氷菓』の主題歌やTVアニメ『ブラッククローバー』EDへの起用に続き、2018年も快進撃を続けるイトヲカシ。彼らの未知なる可能性に今後も注目だ。

OKMusic

「河合塾」をもっと詳しく

「河合塾」のニュース

BIGLOBE
トップへ