『LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL JAPAN 2023』、第2弾出演アーティストが解禁

2023年2月21日(火)18時0分 OKMusic

(OKMusic)

写真を拡大



『LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL』は2013年にスタートし、毎年7月にイギリスのイースト・サセックスで開催されているヨーロッパ最大規模の野外ジャズフェスティバル。伝統的なジャズフェスティバルとイギリスのキャンプ文化が融合した空間のなかで、ジャズ、ソウル、ファンクを横断する洗練された音楽を楽しむことができ、“The Guardian”紙をはじめとしたイギリスの主要メディアから五つ星を付けられる等、上質な音楽を体感できるフェスであると高い評価を得ている。フェスの名前の由来は、JOHN COLTRANE(ジョン・コルトレーン)の「至上の愛(A LOVE SUPREME)」から。

そんな『LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL』が2022年5月、埼玉・秩父ミューズパークにて初の日本開催。ヘッドライナーのDREAMS COME TRUE、ROBERT GLASPER(ロバート・グラスパー)を筆頭に、DJも含めて全23組のアーティストが出演した。「新世代ジャズ」をテーマに、様々なコラボレーションが実現、DREAMS COME TRUEは世界的ピアニスト上原ひろみをゲストに迎えスペシャルなステージを披露。SOIL&”PIMP”SESSIONSはSKY-HIをゲストに迎え、このステージのための新曲を披露、デジタルリリースまで実現した。

2023年5月に2回目の開催が決定した『LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL JAPAN』、今回【GREEN STAGE】を中心とした第2弾の出演アーティストが発表となった。

まず初日にALI - ALIEN LIBERTY INTERNATIONAL-。Vo.でリーダーのLEOを中心にした全員ハーフの多国籍バンド。東京/渋谷発。FUNK、SOUL、JAZZ、LATINなどのルーツミュージックをベースにHIPHOP、ROCK、SKAなどをミックスしたクロスオーバーな音楽性で注目を集めている。3月4日に土ドラ『自由な女神 —バックステージ・イン・ニューヨーク—』主題歌、「LONELY LONELY」のリリースが決定。

そして、海野雅威 with Special Guest 藤原さくらのスペシャルコラボレーションが実現。ジャズピアニストの海野雅威は2020年9月にコロナ禍のニューヨークでアジア人ヘイトクライムの集団暴行に遇い重傷を負ったが、昨年3月Verveレーベルより復帰作「Get My Mojo Back」をリリース。生命力と歓びに満ち、ジャンルを超えて多くの音楽ファンに届き、アルバムはジャズの国内新譜としてトップセールスを記録した。藤原さくらは天性のスモーキーな歌声は数ある女性シンガー・ソングライターの中でも類を見ず、聴く人の耳を引き寄せる。昨年5月から全国弾き語りツアー“heartbeat”を開催中。海野と藤原は、昨年4月の国際ジャズ・デーを祝うオンライン・イベント『JAZZ AUDITORIA ONLINE 2022』で初共演。その後も藤原のレギュラー・ラジオ番組に海野がゲスト出演するなど親交を深めてきた。

2日目には、Kroi。R&B/FUNK/SOUL/ROCK/HIP HOPなど、あらゆる音楽ジャンルからの影響を昇華したミクスチャーな音楽性を提示する5人組バンド。2018年2月に結成し、同年10月に1st Single「Suck a Lemmon」にてデビュー。2021年6月には1st Album「LENS」でメジャーデビュー。音楽活動だけでなく、ファッションモデルやデザイン、楽曲プロデュースなど、メンバーそれぞれが多様な活動を展開し、カルチャーシーンへの発信を行なっている。

続いてモノンクル。吉田沙良(Vocal)と角田隆太(Bass)によるソングライティングデュオ。2020年10月にシチズンクロスシーのCMソングとして書き下ろした「Every One Minute」を、2021年3月にはモーニング娘。の「抱いてHOLD ON ME!」をメロウでアーバンなファンクアレンジでリリースし話題に。詩情豊かな世界観と洗練されたポップセンスから、感度の高い音楽愛好家や幅広いジャンルの著名アーティストから支持されている。

最後は、Musician/ Saxophonist/ Composer / Arrangerの馬場智章。2016年から4年間「報道ステーション」のテーマ曲を自身も所属するバンドJ- Squadで手掛ける。2022年日本で初開催された『LOVE SUPREME JAPAN JAZZ FESTIVAL JAPAN 2022』にDREAMS COME TRUE feat. 上原ひろみ, Chris Coleman, 古川昌義, 馬場智章、aTak、Answer To Rememberの3バンドで出演。2023年2月公開、大人気コミックスのアニメーション映画化『BLUE GIANT』で、主人公 ”宮本大” の演奏を担当。今回は、佐瀬悠輔(tp)、David Bryant (pf,keys)、Marty Holoubek (b)、松下マサナオ(ds)ともに出演決定。

第2弾は【GREEN STAGE】を中心に全5組、素晴らしいラインナップが更に出揃った。このあとも続々と出演アーティストは発表されていくので、楽しみに待っていて欲しい。

2023年5月13日(土)5月14日(日)埼玉県・秩父ミューズパーク。埼玉県秩父市と小鹿野町にまたがる自然豊かなテーマパーク。秩父市は三峯神社などを中心に関東屈指のパワースポットとしても有名、また開催月の5月には芝桜も満開の時期を迎える。都心から車で約100分、電車でも池袋駅から約80分と、日帰りでも十分往来しやすい観光スポット。新緑の空気を感じられる場所で、清々しい天気のもと開催となるだろう。

2023年5月、新世代ジャズフェスティバル『LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL JAPAN』開催。初夏の風と緑を感じながら、パワースポット埼玉秩父で「至上の愛と至福の音楽体験を—」。

『LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL JAPAN 2023』

『LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL JAPAN 2023』
<日時>
5月13日(土)
12:00開場 / 13:00開演(予定)
5月14日(日)
12:00開場 / 13:00開演(予定)
<出演>
5月13日(土)
【THEATRE STAGE】
GEORGE CLINTON & PARLIAMENT FUNKADELIC / DOMi & JD BECK
AI and many guests with SOIL&"PIMP"SESSIONS
【GREEN STAGE】
ALI / 海野雅威 with Special Guest 藤原さくら
… and more!!!
5月14日(日)
【THEATRE STAGE】
SKY-HI & BMSG POSSE with SOIL&"PIMP"SESSIONS / Penthouse
【GREEN STAGE】
Kroi / モノンクル / 馬場智章
… and more!!!
<会場>
埼玉県・秩父ミューズパーク(https://www.muse-park.com/guide/facility03)
〒368-0102 埼玉県秩父郡小鹿野町長留2518
会場アクセス:https://www.muse-park.com/access#map
※車:関越自動車道花園ICから国道140号(皆野寄居有料道路)を利用して約40分
(必ず事前に駐車券をご購入ください)
※電車:池袋駅から西武線特急を利用し西武秩父駅まで約80分、西武秩父駅から専用シャトルバス(有料)で約15分
※都心からの長距離直行バスも運行予定
<チケット>
■一般・【THEATRE STAGE】指定席(前方エリア)+【GREEN STAGE】芝生自由 1日券
 16,000円(税込)
■一般・【THEATRE STAGE】芝生自由(後方エリア)+【GREEN STAGE】芝生自由 1日券
 13,000円(税込)
■中学高校生・【THEATRE STAGE】芝生自由(後方エリア)+【GREEN STAGE】芝生自由 1日券
6,000円(税込)
※【THEATRE STAGE】指定席(前方エリア)、芝生自由(後方エリア)
※【GREEN STAGE】全エリア芝生自由のみ
※小学生以下は、芝生自由エリアに限り保護者1名に付き1名まで入場可
■駐車場1日券 3,000円(税込)
■シャトルバス利用券(往復)2,000円(税込)西武秩父駅⇔会場(約15分)
※都内⇔会場への長距離バスも運行予定
※駐車券はイープラスのみで販売
※長距離バス、駐車券、シャトルバス利用券の販売方法は追ってお知らせいたします

◎オフィシャル1次チケット先行予約 受付中
2月11日(土)10:00 〜 2月26日(日)23:59
イープラス(https://eplus.jp/lovesupreme/)

OKMusic

「アーティスト」をもっと詳しく

「アーティスト」のニュース

「アーティスト」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ