幾原邦彦監督「さらざんまい」キービジュアル&追加キャスト&挿入歌MV解禁

2月21日(木)19時0分 おたくま経済新聞


 2019年4月からフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送予定の幾原邦彦監督最新作、「さらざんまい」のキービジュアルが2月21日に解禁されました。あわせて追加キャストと挿入歌MVも解禁。3月31日には監督とメインキャストが出演する先行上映会も開催されます。

 「少女革命ウテナ」や「輪るピングドラム」など、独特の世界観と映像美でファンを魅了する幾原邦彦監督の新作オリジナルテレビアニメ、それが「さらざんまい」です。舞台となるのは東京・浅草。中学2年生の少年3人がある日、謎のカッパ型生命体に出会い、無理やり尻子玉を奪われてカッパにされてしまう……というところから始まるお話です。

 少年たちの尻子玉を奪ったカッパ型生命体“ケッピ”に「元の姿に戻りたければ“ある方法”でつながり、ゾンビの尻子玉を持ってこい」と、告げられ、少年たちは元の姿に戻るため、ゾンビの尻子玉を求めて奮闘することに。同じ頃、新星玲央と阿久津真武という2人の警察官が勤務する交番でも、何かが起ころうとしていた……と、ファンタジックな設定とともに、様々な謎が興味をひく作品になりそうな予感です。

 すでにメインキャストとして3人の少年、矢逆一稀(村瀬歩さん)、久慈悠(内山昂輝さん)、陣内燕太(堀江瞬さん)と、交番勤務の警官である新星玲央(宮野真守さん)と阿久津真武(細谷佳正さん)、そしてカッパ型生命体のケッピ(諏訪部順一さん)が解禁されています。

 このメインキャストに続き、今回追加キャストとして、浅草ローカル番組「アサクササラテレビ」のMCを務めるご当地アイドル「吾妻サラ」役に、都内を中心に2015年から活動しているインディーズバンド「少女式ヱリス」のボーカルとして活躍する帝子さんが決定しました。





 また、劇中では少女式ヱリスの楽曲をセルフカバーした「放課後カッパー」も使用されることに。2月21日から「放課後カッパー」のリリックMVも公開されています。モダニズムと妖しさに満ちた大正時代や昭和初期の情景を交えつつ、叙情的なメロディラインを持つ楽曲が、幾原監督の映像美の中にどう溶け込んでいくのか、注目です。







 また、3月31日には幾原邦彦監督のほか、村瀬歩さん、内山昂輝さん、宮野真守さん、細谷佳正さんが出演し、作品に関するトークショーと第1話〜第3話を一挙に上映するという豪華な先行上映イベント「欲望搾取!『さらざんまい』先行上映会&トークショー」が開催されます。会場は東京・東銀座の東劇。イベントは16時30分開演(16時開場)と19時30分開演(19時開場)の2回開催され、2月22日正午からローチケにてプレリクエスト先行(抽選)受付開始。料金はお土産付きで3500円(税込:別途手数料あり)となっています。



(C) イクニラッパー/シリコマンダーズ

情報提供:株式会社フジテレビジョン

(咲村珠樹)

おたくま経済新聞

「キャスト」をもっと詳しく

「キャスト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ