大手は絶対作れない! ISの欧州侵攻を阻止するアクションシューティングが登場

2月21日(日)11時0分 おたぽる

YouTube「IS Defense Gameplay Trailer」より。

写真を拡大

 混迷を極めるシリア内戦は、国際社会による停戦へ向けた努力も残念ながら有効に働いておらず、相変わらず予断を許さない状況のようだ。加えてシリアにはIS(「イスラム国」)が侵攻していることで問題をさらに複雑にしている。世界がのっぴきならない中東情勢に直面している中で、ISを題材にしたシューティングゲームがもうじき登場するようだ。


■迫り来るIS兵を阻止すべく機関銃をぶっぱなす

 ポーランドのゲームデベロッパー、Destructive Creationsが現在開発中のシューティングゲーム『IS Defense』の最新トレーラーが先頃、同社のYouTubeチャンネルで公開されている。

 冒頭のナレーションでは、時代設定が2020年であることが告げられている。この時点で北アフリカ全土を手中に収めているISがヨーロッパ大陸に向けて進撃を開始。プレイヤーはNATO軍の機関銃手となって迫り来るIS兵を阻止すべく機関銃をぶっぱなす痛快なシューティングゲームだ。機関銃だけでなくロケットランチャーにも武装を切り替えられるようである。

 動画を見る限り“機関銃”であることの意味は『コール オブ デューティ』のようなFPSと違ってプレイヤーが動き回らない(動き回れない)ところにあるようで、基本的には銃座は固定しているようだ。1980年代のレトロなガンシューティングゲーム『オペレーションウルフ』を楽しんでいた向きにはむしろ懐かしい印象さえ受けるかもしれない。

 そしてゲーマーでなくとも気になるのはやはり、物議を醸しそうなISをゲームの題材にしたことだろう。これに関して同社は決して世間に波風を起そうとしたわけではなく、現在の中東情勢に対する「個人的否認」を表現したまでのことであると説明している。固定銃座の銃撃戦は現代の戦争ではなかなか想定しづらいのだが、基本的にはローテクな武装のISとの戦闘に設定することで、第二次世界大戦風の戦い方をリアルに復活させる意図もあるのではないかと感じた次第だ。また動画によれば発売は16年の第2四半期(7〜9月)中とのことである。題材はかなり物騒で、迫力あるグラフィックスにも惹きこまれるが、ちょっとした空き時間に気軽にプレイできるゲームのようでもある。完成した同作がどんな仕上がりになり、話題を呼ぶのか気になるところだ。


■処女作の『Hatred』は“銃乱射”ゲーム

 これまでにも当サイトではユニークなインディーズデベロッパーをいくつか紹介してきたが、その意味ではこのDestructive Creationsもかなりの異色のデベロッパーだ。

 14年に創立されたDestructive Creationsだが、15年6月1日に発売された処女作『Hatred』(PC版)は、街で見かけた人々を片っ端から殺害していくという強烈なバイオレンスシューティングである。銃社会であるアメリカを筆頭に、社会に大きなショックを与える“銃乱射”事件をゲームで実現したのだ。

 14年10月に制作発表が行なわれ同作のトレーラーが公開されるや、残酷な表現と演出の内容がたちまち物議を醸し、15年1月に北米のエンターテインメントソフトウェアレイティング委員会(ESRB)は、この『Hatred』のレーティングをAO(Adults Only)と判断。一般のゲームショップでは扱うことができないばかりか、ゲーム専用機への移植版も作ることができない作品となったのだ。これは単純な「18禁」よりもさらに厳重な規制をかけたレートで、これまでにも数作品しか適用されていない。

 なぜこうも物騒なビデオゲームを同社の門出となる処女作にしたのか? 同社CEOのジャスロー・ジエリンスキ氏は「本作は確かに邪悪なビデオゲームだが、97年にはすであったものですよ」と語る。すでにあったというのは、97年に発売された街中で人々を殺害するアクションシューティング『ポスタル』のことである。ジエリンスキ氏はいちゲーマーとしてこの『ポスタル』をいたく気に入っていたが、その続編(『ポスタル2』、『ポスタル3』)と07年の映画『Postal』が一種のコメディになってしまっていることに失望したという。そこでポスタル“1”の続編を自ら手がけようと考えてこの『Hatred』が生まれたことを情報サイト「Gamasutra」で明かしている。

 それにしてもこの処女作に続いて今回の『IS Defense』と、いずれも世の中を騒がせそうなタイトルを連発し、いろんな意味で注目を浴びたことで同社の認知度は確かに高まっただろう。そこには思い切った特色を打ち出さなければ、現在の群雄割拠のインディーズゲームの世界で戦っていけないというシビアな業界事情もありそうだ。
(文/仲田しんじ)


【参考】
・EuroGamer
http://www.eurogamer.net/articles/2016-02-11-is-defense-is-the-next-game-from-the-people-who-made-hatred

・Gamasutra
http://www.gamasutra.com/blogs/AlbertPalka/20150526/244229/Real_talk_with_Destructive_Creations_Hatred_interview.php

おたぽる

「欧州」をもっと詳しく

「欧州」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ