テレビ朝日 平昌に五輪取材19回の熟女アナを派遣の決断

2月21日(水)7時0分 NEWSポストセブン

平昌はベテランアナで勝負

写真を拡大

 平昌五輪では、送り込まれた女子アナたちも「過酷な戦い」を強いられている。時差のない韓国開催は視聴者にとっては都合がいいが、近すぎるがゆえの“弊害”もある。


 ただでさえ多忙な日テレ・水卜麻美アナ(30)は、開会式が行なわれた9日金曜日の朝9時、レギュラー出演する『スッキリ』を“早退”して平昌に出発。週末は現地取材に奔走し、月曜日には日テレのスタジオに戻っていつも通りレギュラー番組に出演する“2泊3日の弾丸ツアー”をこなしたのだ。


「平昌はリオやソチに比べて治安が良く、移動距離も短い。だから、局としては沖縄に行かせるような感覚で女子アナを派遣しやすい。水卜がやったのは開会式のレポートの他は平昌の寒さや地元グルメの食レポですが、20〜30分は枠が取れるから番組的にはおいしい。本人は休日返上でヘトヘトでしょうが……」(日テレ関係者)


 各局が現地に人気女子アナを送り出すなか、“熟女アナ”を派遣するという異色の決断に踏み切ったのがテレビ朝日だ。


 投入したのは3年前に定年退職した63歳の大ベテラン・宮嶋泰子だ。テレ朝関係者がいう。


「宮嶋さんは女子アナには珍しく、取材もレポートも、ディレクターも全部こなせる貴重な人材。五輪取材は今回で19回目と経験豊富なので、誰よりも安心して任せられる」


 極寒の中、女子アナたちの“熱い戦い”はまだまだ続く──。


※週刊ポスト2018年3月2日号

NEWSポストセブン

「平昌」をもっと詳しく

「平昌」のニュース

BIGLOBE
トップへ