AKB48が新曲や『革命デュアリズム』 共演した加藤いづみ「みんな頑張ってて気持ちのいい収録でした」

2月21日(水)15時0分 Techinsight

西川貴教とAKB48グループメンバー(画像は『HKT48 2018年2月20日付Twitter「「西川貴教の僕らの音楽」CSフジテレビNEXT AKB48、HKT48で収録!」』のスクリーンショット)

写真を拡大

AKB48グループメンバーが音楽番組『西川貴教の僕らの音楽』(フジテレビNEXTなど)の収録を行った。T.M.Revolution西川貴教がホストを務める同番組は、ゲストが武部聡志率いるミュージシャンたちと生演奏でパフォーマンスしたり西川とトークを楽しむもので、特に歌でのコラボはメンバーにとって刺激的な経験となったようだ。

出演メンバーはAKB48から横山由依向井地美音・村山彩希、SKE48の須田亜香里・小畑優奈、NMB48白間美瑠(AKB48兼任)、HKT48より宮脇咲良(AKB48兼任)・矢吹奈子(AKB48兼任)・田中美久・松岡はな・豊永阿紀・坂本愛玲菜、チーム8より小栗有以・倉野尾成美、NGT48中井りかの15人である。

きくち伸プロデューサーが『きくちP(kikchy)ツイッター』で、収録内容について「AKB48新曲を武部音楽監督のピアノ1本で生演奏! 岡田ちゃん居なくて残念だけど…」とつぶやいており、3月14日にリリースされるAKB48の51枚目シングル(タイトル未定)を披露する模様だ。

さらに水樹奈々×T.M.Revolutionのコラボ曲『革命デュアリズム』(2013年)に挑戦、「小栗有以×向井地美音×倉野尾成美が頭と大サビ」「矢吹奈子×田中美久で1コーラス」「豊永阿紀×坂本愛玲菜が2コーラス目」を担当した。

白間美瑠は昨年12月にAKB紅白対抗歌合戦で歌った『チェインギャング』(THE BLUE HEARTS)を再び披露、松岡はな・矢吹奈子・田中美久・豊永阿紀・坂本愛玲菜はHKT48『空耳ロック』(8枚目シングル『最高かよ』カップリング曲)をパフォーマンスしている。


メンバーがSNSで収録を振り返っており、向井地は「歌でのいろんな挑戦、貴重な経験をさせて頂けてものすごく楽しかった」、矢吹は「歌のことでたくさん学んだことがあるので、生かしていけるように頑張ります」、坂本は「AKB紅白でお世話になったきくちPさんにまたお会いできて 色んなお話をして頂いて、とっっても刺激になりました」という。

また、番組レギュラーの加藤いづみは「今日は早よから『僕らの音楽』の収録でした。いろんな曲があったなぁ。みんな頑張ってて なんだか気持ちのいい収録でした」とツイートしており、共演者たちもコラボを楽しめたようである。

ちなみに西川貴教とのトークタイムは「じっくりとゲストの本質に迫る」のが見どころとなっており、相手となったメンバーが何を聞き出されるのか気になる。4月26日(木)19時からの放送が待ち遠しい。

画像は『HKT48 2018年2月20日付Twitter「「西川貴教の僕らの音楽」CSフジテレビNEXT AKB48、HKT48で収録!」』『向井地美音 2018年2月20日付Twitter「今日は朝から「西川貴教の僕らの音楽」の収録でした!」』のスクリーンショット

Techinsight

「AKB48」をもっと詳しく

「AKB48」のニュース

BIGLOBE
トップへ