杏、不貞騒動後初の公の場で「夫・東出昌大との離婚はなし?」と思わせた理由

2月22日(土)9時59分 アサ芸プラス

 2月18日に都内で開催された文化庁主催の文化プログラム参加促進シンポジウムに登場した杏。夫・東出昌大と唐田えりかとの不貞が原因で別居状態にあると明らかになって以来、初めての公の場ということで、会場には多くの報道陣が詰めかけた。

 杏の左手薬指に結婚指輪はなかったが、イベント終了間際の舞台袖で報道陣からの呼びかけに応え「(イベントに)関係のないことで大変、恐縮なのですが」と切り出し「いろいろな方にご迷惑をおかけして大変、申し訳ございません」と謝罪。頭を下げた。今後については「ゆっくり考えていきたい」と言い、「小さな子どもたちがおります。どうか、そっとしておいてください」と過激報道の自粛を呼びかけた。

「杏は周囲の人々から離婚を勧められているようですが、この時の杏の対応を直接目にした報道陣によると『あれは離婚しない』と感じたそうです。その理由は、子どものことを最優先に考え、過激報道の自粛をまっすぐな目で呼びかけたからだとか。その場にいたカメラマンからは、これまでにも夫の不貞や薬物使用等で離婚するかどうかを悩んでいる妻の姿をよく見てきたけれども『杏の目の奥には迷いが感じられなかった。あれは離婚しないと思う』『子どものために東出とは別れないだろう』といった“離婚しない”との予想を口にする者が多かったのだとか」(女性誌記者)

 杏は子どものために東出と「両親」としての生活を続けていくのだろうか。それとも妻として夫の不貞を許さずシングルマザーの道を選ぶのだろうか。

アサ芸プラス

「不貞」をもっと詳しく

「不貞」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ