『冬きみ』“記者”岩田剛典、斎藤工ら共演者に「どうしても聞きたかったこと」質問

2月21日(水)20時46分 映画ランドNEWS

映画『去年の冬、きみと別れ』ジャパンプレミアが21日、都内・TOKYO DOME CITY HALLにて行われ、主演の岩田剛典をはじめ、山本美月斎藤工浅見れいな北村一輝、監督の瀧本智行が登壇。m-floが主題歌「never」を生披露した。


去年の冬、きみと別れ



m-floの生ライブで会場が熱気に包まれる中、会場後方から岩田が登場すると、会場側連ばかりの歓声が。さらに、中継先カメラのレンズ越しに「冬きみ」とサインするなど、岩田らしいファンサービスに更なる歓声が沸き起こった。


去年の冬、きみと別れ


中村文則が初めて挑んだキャリア最高傑作との呼び声高い小説を原作に描かれる本作。トークは、新進気鋭のルポライターを演じる岩田から共演者への“取材形式”で進行された。岩田は「山本さんと浅見さんに“どうしても聞きたかったこと”があるんですが、最近“スクープ”というワードで印象的なエピソードはありますか?」と質問。


去年の冬、きみと別れ


山本は「監督がちょっとコワモテじゃないですか。だけど、実はドーナツが好きっていうのを聞きました!すごく可愛いなって(笑)」と暴露。浅見が北村のレディファーストな一面を明かすと、斎藤は「男性にもそうなんです!(目がハートに)男でもなりますよ!」と告白。北村は「男も女も好きなんです(笑)」と照れ笑い。斎藤は「勉強になります!」とはにかんでいた。


去年の冬、きみと別れ


さらに、岩田から斎藤&北村へ「もう一度クランクインするとしたら、どの役をやってみたいですか?」との質問が。斎藤は「どの役もすっごい難しくてやりがいがあると思うんですが、美月さんが演じた百合子をやりたい。髪をこうする(もみあげから背中の方へかきあげる)シーンが超カッコイイなと思っていて、あのシーンをやりたい!」とコメント。北村は「女優陣だと岩ちゃんとキスができるから、2人(山本と浅見)の役をやりたい。岩ちゃんとのデートシーンは憧れ」と明かし、会場を沸かせていた。


去年の冬、きみと別れ


斎藤から逆に同じ質問を受けた岩田は「工さんの木原坂ですかね。セクシーで『まんまやん!』って思いました」と言うと、斎藤は「タンクトップですよ…?僕はタンクトップ着ない(笑)何かの雑誌で『タンクトップの男はダメだ』って読んでから、着るのやめました。あれはインナーだと思ってます(笑)」と笑いを取っていた。


去年の冬、きみと別れ


最後に岩田は「この映画のCMなどで『ダマされた』なんてキャッチコピーがありますが、僕はこの映画の本質はそこではないと思っています。サスペンスの真実、それを初めて知った時に人間の中にある欲や愛情がテーマになっていると思います。映画を観て初めてタイトルの意味がわかっていただけるのではないかなと信じております」とメッセージを残し、イベントを締めくくった。





中村文則が初めて挑んだキャリア最高傑作との呼び声高い小説を原作に描かれる本作は、盲目の美女が巻き込まれた焼死事件の真相を追う新進気鋭のルポライター・耶雲恭介の姿を描くサスペンス。人間の内面に深く肉薄した究極の「愛」を描きながら、1ページ、1ページと、予断を許さないストーリーが猛スピードで展開していく。


謎の焼死事件の真相を追うルポライター・耶雲恭介を岩田剛典が演じ、耶雲の婚約者・松田百合子役に山本美月、耶雲が事件の取材ルポタージュの提案をする週刊誌・編集者の小林良樹役に北村一輝、耶雲の取材対象者であり事件の被告である世界的フォトグラファー・木原坂雄大役に斎藤工、木原坂の姉で弟を事件からかばう朱里役に浅見れいなが名を連ねる。監督を『脳男』『グラスホッパー』などで知られる瀧本智行が務める。


映画『去年の冬、きみと別れ』は3月10日(土)より全国公開


(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「岩田剛典」をもっと詳しく

「岩田剛典」のニュース

BIGLOBE
トップへ