『猫は抱くもの』水曜日のカンパネラが初の劇伴担当、擬人化する“猫キャスト”も発表

2月22日(木)9時0分 映画ランドNEWS

沢尻エリカが6年ぶりに主演を務める新作『猫は抱くもの』が6月23日(土)に公開される。この度、水曜日のカンパネラが本作で初の劇伴を担当することがわかった。合わせて擬人化猫キャストも発表された。


猫は抱くもの


推理小説「猫弁」シリーズで知られる大山淳子の同名小説(キノブックス刊)を原作とする本作は、思いどおりの生き方ができず、いつしか心に孤独を抱えてしまった30代女性と、自分を彼女の恋人だと信じて疑わない猫との関係を描いた物語。監督を『ジョゼと虎と魚たち』『メゾン・ド・ヒミコ』『グーグーだって猫である』などで知られる犬童一心が務める。


実写の猫に加えて、擬人化された猫たちが多数登場する本作。主人公・沙織(沢尻エリカ)の相手役で、自分を主人公の恋人だと思い込むロシアンブルーの猫・良男(よしお)役に『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』『リバーズ・エッジ』『ママレード・ボーイ』など、立て続けに話題作の出演が続く吉沢亮が扮する。


猫は抱くもの


「水曜日のカンパネラ」のボーカル・コムアイが猫のキイロを擬人化した姿を演じ、銀幕デビューを果たすと共に、「水曜日のカンパネラ」が初の劇伴を担当する。劇中歌「キイロのうた」は、コムアイ本人が作詞を行っており「劇中歌は、登場人物と観客が、それぞれの固執しているものをそっと手放せるように、と思って書きました」と語っている。コムアイの声で劇中の“効果音”を作るなど、作品づくりに精力的に携わった。


擬人化した猫を演じる“猫キャスト”には、老猫役の岩松了はじめ、藤村忠寿(サビ猫)、内田健司(サバトラ猫)、久場雄太(黒猫)、今井久美子(茶ブチ猫)、小林涼子(キジトラ猫)、林田岬優(黒白ブチ猫)、木下愛華(ヒョウ柄猫)、蒔田彩珠(縞三毛猫)ら個性的なキャストが揃った。


映画『猫は抱くもの』は6月23日(土)より全国公開


©2018『猫は抱くもの』製作委員会


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「水曜日のカンパネラ」をもっと詳しく

「水曜日のカンパネラ」のニュース

BIGLOBE
トップへ