容姿激変の林葉直子が末期の肝硬変を告白…将棋界の二大巨頭に狂わされた人生

2月22日(土)11時0分 メンズサイゾー

 元女流棋士でタレントの林葉直子(46)が、末期の肝硬変を患っていると発売中の女性誌「婦人公論」(中央公論新社)のインタビューで告白した。最近は容姿の急激な変化が心配され、一部では「整形が崩れてきたのでは」などともウワサされた林葉だが、その原因は病気によるところが大きかったようだ。


 林葉は21日に情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)にVTR出演。その姿にかつての美人棋士の面影はなく、土気色の顔で頬はゲッソリし、目の下には深いクマというやつれ果てた状態で驚いた視聴者も多かった。自身の病状について「肝不全に近い」と説明した林葉は現在、地元・福岡で一人暮らしをしているという。


 林葉が患っているのはアルコール性の肝硬変。29歳の時に先輩棋士との不倫で中絶を強要されるなど騒動が泥沼化し、将棋界を追放されたことで酒量が一気に増加したという。「ワイルドターキーを1日1本飲んでいた」という酒浸り状態となり、さらに8年ほど前に父親が残した借金を背負って自己破産し、より一層の酒量増加と偏食などがたたって体調が悪化。現在は肝不全に近い状態で「いつ死んでも不思議はなく、治る見込みはない」という。


 林葉は20日から自身のブログ「人生、詰んでます。」のタイトルを、24日に発売される著書『遺言 −最後の食卓』(中央公論新社)からとった「最後の食卓」に変更。そこでも病状について綴っており「たぶん、そんなに長くはない」と弱気さをのぞかせながらも、「苦しんでも楽しんでも、終わりが来る時は来ますからね。では、南無阿弥陀仏〜」などと飄々と記している。また、食事は塩分が制限されているものの「じゃあ、辛味(甘味)はいいんだよね。ふふふ」と唐辛子やケーキ、ゴマ団子を「むしゃむしゃ」食べているといい、食欲は回復しているようだ。

 将棋界のヒロインから一転、不倫、業界追放、豊胸手術、ヘアヌード、そして肝硬変。林葉の波瀾万丈の半生には目を見張るものがある。


「美人棋士として脚光を浴びた林葉の人生は、米長邦雄氏と中原誠氏という、将棋界の二大巨頭に狂わされたといえる。小学生の時に米長氏の住み込みの内弟子になった林葉でしたが、愛人にできなかったことで米長氏の反感を買い、彼女が中原氏に心酔していたこともあり破門されてしまった。それから将棋界では、林葉のよくないウワサが度々流され、人気の高まりとは裏腹に立場が危うくなっていった。中原氏の愛人になった林葉ですが、彼との不倫関係も有名な「これから突撃しまーす」騒動に象徴されるように泥沼。二大巨頭ににらまれた彼女は将棋界から追放され、転落の一途をたどることになってしまった。もし順調に棋士としてのキャリアと芸能活動を両立させていれば、父親の借金も自己破産せずに返せたでしょうに…」(週刊誌記者)


 自身のブログで「身体はボロボロのガイコツ女ですが、結構楽しくやっております」と気丈さを見せている林葉だが、オトコに翻弄された彼女の半生を思うと、やるせなさを感じざるを得ないところだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

「林葉直子」をもっと詳しく

「林葉直子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ