山崎真実、変わらぬ美貌で成熟ボディを大胆露出! グラビア完全復活で6年ぶり写真集に高まる期待

2月22日(水)18時0分 メンズサイゾー

 グラビアアイドルで女優の山崎真実(やまさき・まみ/31)が、発売中の写真週刊誌「FLASH」(光文社)の袋とじグラビアに登場。衝撃の「手ブラ」ショットをはじめとした大胆なカットが掲載され、あらためて極上ボディと美しすぎるルックスに注目が集まっている。


 同グラビアは3月13日に発売される約6年ぶりの写真集『まんまとうそ。』(ワニブックス)からの先行カット。山崎は自身のブログで「写真集の中のインパクトある写真も一部、FLASHで見れますのでぜひチェックしてみて下さい」とアピールしているが、その言葉通りにセクシーすぎる肢体を披露。表紙にも使われている手ブラカットや「写真集の中のインパクトある写真」と本人が表現する攻めた衝撃ショットが掲載されている。


 これにネット上の男性読者からは「山崎真実さん美しすぎるなあ」「セクシーで最高」「す、透けてる...!」「全然変わってなくて嬉しい」などと称賛コメントが寄せられている。それと同時に「写真集が楽しみ」という声が盛り上がり、6年の時を経て大人の色気を身につけた彼女の新作に期待が高まっているようだ。


 山崎は2004年に『ミスマガジン』の読者特別賞を受賞したことをきっかけに芸能界入り。身長171センチのスラリとした長身にスリーサイズ上からB84・W59・H87という抜群のスタイルと、高校時代に国体に出場したこともあるという新体操で培った肉体美でグラビア人気がすぐさま沸騰した。


 翌年には女優業に進出し、特撮番組『轟轟戦隊ボウケンジャー』(テレビ朝日系)で悪役ヒロイン・風のシズカを熱演したことで注目度がさらに上昇。ドラマ、映画、バラエティと幅広い分野で活躍するようになっていったが、それに伴ってグラビア活動は減少。2012年に事務所を移籍したことをきっかけに完全にグラビア活動は完全に封印状態になり、さらには女優としてのメディア露出すらも激減して引退説までささやかれた。


 だが、2015年夏に「週刊プレイボーイ」(集英社)でグラビア復帰したことでファンは大歓喜。それからは雑誌グラビアで彼女の姿を目にする機会が増加し、女優としても月9ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)にゲスト出演するなど完全復活を果たした。


「復帰後の山崎さんは露出度が目に見えて上昇。セミヌード状態のグラビアが増加し、自身のTwitterやブログにアップした写真集のオフショットも上半身ヌードで胸の谷間をチラつかせながら上着を羽織っただけといった過激なカットや、セクシーなビキニ姿の写真などが公開されています。もともとトップグラドルとして大活躍していただけあって、その貫禄と変わらぬ美貌で再び男性たちを虜にしている。今回の写真集は6年ぶり、さらに大人の色気と露出度が増しているとあって、過去最高の過激度になるのは間違いないと期待されています」(アイドルライター)


 変わらぬキュートなルックスと極上ボディ、それに大人の色気が加われば無敵。果たしてどんな艶姿を見せてくれるのか、10〜20代をトップグラドルとして駆け抜けてきた彼女の「第二章」の幕開けともいえる新作写真集が楽しみだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

「グラビア」をもっと詳しく

「グラビア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ