ダルビッシュ有のFacebookナンパと二股をMALIAが暴露

2月22日(日)17時0分 messy

『TRUE LOVE 3度目は3人子連れで年下婚!』(講談社)

写真を拡大

 今年元日に、8歳年下のJリーガー・佐藤優平(24)と再々婚し、テレビ出演数を急増させているモデル・タレント・実業家のMALIA(32)。彼女は19歳の時にやはりJリーガーの田中隼磨(32)と結婚して一児をもうけるも離婚、21歳の時に格闘家の山本“KID”徳郁(37)と結婚し二児を出産するが2009年に離婚、三度目の結婚となる。

 三児の母であるが、育児の疲労を漂わせぬ美貌や、何度も男性から結婚を求められる“モテ力”が、「羨ましい」「憧れ」と一部の同性から支持されているという。そんなMALIAは、昨年11月に山本聖子(34)との交際をオープンにしたダルビッシュ有(28)との熱愛疑惑も浮上したことがあった。彼女が1月31日にリリースした自叙伝『TRUE LOVE 3度目は3人子連れで年下婚!』(講談社)には、過去の夫たちとの出会い〜別れ同様に、ダルからいかにアプローチを受けたかという経緯もはっきり記されていて興味深い。

 ダルとMALIAが「密会」を「週刊文春」(文藝春秋)に報じられたのは、2013年10月のこと。ダルは古閑美保との親密な交際を取り沙汰されていた頃で、その日も古閑と一緒に車で六本木へ向かっていた。しかし六本木ヒルズで古閑だけが車を降り、ダルは一人で高級ホテルの中へ。一時間半後、ホテルを出てきたダルが伴っていた女性がMALIAだった。その当時のことをMALIAは、「カレシのいない時期が1年くらい続いていたある日」と振り返る。Facebookで唐突に「はじめまして。アメリカで野球をやってます」とのメッセージが送られてきたのだという。



 ダルの名前こそ記していないが、「とても有名な人」「ホンモノ? まさか……」「日本にカノジョがいる」「クールなで無口な人かと思っていたら(会ってみると)関西弁でポンポンおもしろいことを言って笑わせてくれる」「週刊誌に撮られた」と、どう読んでもダルについてのネタである。そもそもこの章のタイトル自体【ウワサになった彼との真相】なので、ダルについて暴露しているに違いないのだが。

 いわく、ダルと思しき人物からのナンパメッセージに返信したところ、「ずっと応援していました。ひとりで子どもさん3人を育ててすごいと思います」とのレスが来たそうだ。そこからメッセージのやり取りが始まり、国際電話でも話をするようになったという。そして「今度、日本に帰ったときにデートしましょう」と誘われたMALIAは、古閑との交際を知っていたため「カノジョと別れたらデートしてもいいよ」と応じたとのこと。

 それからしばらく経ち、帰国したダルから「カノジョと別れた」との言葉はないものの食事に誘われたMALIAは、(誘ってくるってことは別れたんだろう)と都合よく解釈してデートをした。クールに見えて気さくなダルに惹かれて短い期間で逢瀬を重ねたそうだが、「文春」による報道で、古閑とダルの関係が切れていなかったと知り、「カノジョと終わらないとデートはしないよって最初に言ったよね?」とダルを詰めたそうだ。ダルは「カノジョとは終わってなくて……迷惑かけてすいませんでした」と謝罪してきたという。

 ちなみに、「文春」ではホテルで一時間半を共に過ごしていたように伝えられていたが、MALIAは「彼とはホントに何もなかった」と釈明もしている。今になってこのような形で暴露されてしまい、ダルも首をすくめているかもしれない。
(清水美早紀)

messy

「ダルビッシュ有」をもっと詳しく

「ダルビッシュ有」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ