池上彰氏 「女性天皇が誕生すること自体は伝統に反しない」

2月22日(金)7時0分 NEWSポストセブン

今年1月2日の新年一般参賀(共同通信社)

写真を拡大

 5月1日の新天皇即位を前に、皇室と日本人の未来を考えるうえで知っておくべきこととは何か。ジャーナリスト・池上彰氏による解説を、『池上彰の「天皇とは何ですか?」』(PHP研究所刊)より一部抜粋してお届けする。


 * * *

「象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば」の表明から特例法が成立する過程では、「皇室の将来」ということも、大きな論点になりました。


 実は「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」には、新しい天皇が即位されたら、安定的な皇位継承をするための検討をすぐに始めなさい、という「附帯決議」というものが盛り込まれています。その文章を見てみましょう。


〈政府は、安定的な皇位継承を確保するための諸課題、女性宮家の創設等について、皇族方の御年齢からしても先延ばしすることはできない重要な課題であることに鑑み、本法施行後速やかに、皇族方の御事情等を踏まえ、全体として整合性が取れるよう検討を行い、その結果を、速やかに国会に報告すること〉


 ここで言われている「皇位継承を確保するための諸課題」とはどういうことでしょうか。


 2019年5月1日に、現在の皇太子さまが新しい天皇に即位された後、皇位の継承順位は、1位が秋篠宮さま、2位が秋篠宮さまのご長男である悠仁さま。3位は天皇陛下の弟である常陸宮さまです。つまり、2019年5月1日以降、皇位継承権のある皇族は3人だけということになります。



 皇室典範では、男系の男子が皇位を継承すると定められています(※編集部注1)。男系の男子とは、父方が天皇の血を引く男子のことです。ですから、愛子さまや眞子さま、佳子さまは男系の女子ということになり、皇位継承権はありません。


※注1/皇室典範第一条には「皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する」とある。


 また、愛子さま、眞子さま、佳子さまが将来、ご出産されて、男の子が生まれた場合は、女系の男子ということになるので皇位継承権はありませんし、そもそも現在の規定ではご結婚されれば、皇室から離脱することになります。


 そうなると、今後、皇位継承権を持つ可能性があるのは、悠仁さまがご結婚をされて、男の子をもうけた場合に限られてしまいます。逆にいえば、悠仁さまとそのお妃から男の子が生まれなければ、誰も皇位を継承することができなくなってしまうのです。


 このままでは、皇位を継承する人物がいなくなってしまうかもしれない。これが、附帯決議でいわれている「皇位継承を確保するための諸課題」ということです。


 では、皇位を安定的に継承するためには、どうすればいいでしょうか。


 有力な対応策の一つが、「附帯決議」にある「女性宮家の創設」です。現在の皇室典範では、秋篠宮さまや常陸宮さまのように、宮家になるのは男系男子に限られます(※編集部注2)。


※注2/宮家の宮号は、皇族男子が結婚などで独立するときに天皇から与えられる。一方、皇族女子は結婚すると皇籍から離脱することが定められている。



 この法規定を改正して、男系女子でも宮家となって、皇族に残れるようにする。そして、まずは男系の女性天皇を認めるように皇室典範を改正すれば、愛子さま、眞子さま、佳子さまも、皇位継承権を持つことになります。


 歴史的には、推古天皇をはじめ、8人の女性天皇がいるのですから、女性天皇が誕生すること自体は伝統に反するものではありません。


 最近の世論調査でも、7〜8割が女性天皇に賛成しています。安倍首相は、以前から女性宮家の創設には反対しており、男系男子の継承にこだわっていますが、国民感情としては、女性天皇に賛成を示す割合のほうが圧倒的に高いのです。


 ただ、「男系女子」の皇位継承を認めたとしても、愛子さま、眞子さま、佳子さまのお子さまは女系になるため、皇位継承権はありません。ですから、皇位継承権を持つ方は増えるけれど、将来的には、悠仁さまがご結婚されて男の子をもうけなければ、皇位は途絶えてしまいます。


 そうなった場合には、今度は「女系」の天皇を認めるかどうか、という議論をしなければならないでしょう。しかし歴史的には、女系天皇の例は見られませんから、女性天皇を認めるかどうかという問題よりも、議論は難しくなりそうです。


●いけがみ・あきら/1950年、長野県生まれ。ジャーナリスト、名城大学教授、東京工業大学特命教授。慶應義塾大学卒業後、1973年NHK入局。報道記者として勤務。1994年より11年間、『週刊こどもニュース』でお父さん役を務め、わかりやすい解説が話題に。2005年にNHKを退職し、フリーのジャーナリストとして活躍中。著書多数。


※SAPIO2019年4月号

NEWSポストセブン

「池上彰」をもっと詳しく

「池上彰」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ