香取慎吾、ヒロミが“芸能界休業”した時の話に感銘「40歳くらいなんですね〜」

2月22日(木)20時20分 Techinsight

『おじゃMAP!!』で移動する車中の香取慎吾(画像は『香取慎吾 2018年2月21日付Instagram「おじゃマップの収録の時の移動の時の車の中の座る場所はいつもここ」』のスクリーンショット)

写真を拡大

香取慎吾と“ザキヤマ”こと山崎弘也がレギュラーを務めるバラエティ番組『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)が、2月21日の放送でヒロミをゲストに迎えた。“ヒロミが香取慎吾とやりたい4つのこと”を実現するため、まずは彼の愛車でボルダリングの施設に向かう。その車中でSMAP時代の懐かしい話が聞かれた。

『笑っていいとも!』(2014年3月31日終了)で当時SMAPの中居正広と香取慎吾は1994年4月から、草なぎ剛は1995年10月からレギュラーを務めた。それを機に1992年10月から水曜レギュラーだったヒロミと出会う。まだ、ヒロミが28歳で香取が17歳だった。

今回の共演でそのことを知った香取は、当時ヒロミの自宅に招かれたことを思い出して「家に行った時はヒロミさんが28歳ってこと! 信じられない!!」と目を丸くする。

なにしろその時にヒロミが住んでいたのはバブル景気ならではの「鬼のような」大きい家で、「部屋がいっぱい、引っ越すまでに開けなかった部屋がある」ほどだったという。ヒロミも「あの家に来たことがあるのって慎吾と中居だけだから」と懐かしんだ。

やがて香取から「ヒロミさんが仕事を休んだのはいつぐらい?」と彼が芸能界を休業したことに触れた。

1986年にデビット伊東、ミスターちんとコントグループB21スペシャルを結成して活躍を続けたヒロミだが、2004年頃にメディアから姿を消し2014年頃に復帰するまで約10年間、芸能活動を止め趣味や事業を行う。

香取に聞かれて、ヒロミが「40歳ぐらいの時だった」と述懐した概要は次のようなものだ。

「芸能人って常に“仕事が続くのか?”“なくなるんじゃないか?”という不安に追われている。でも、仕事が全部なくなった時、思っていたほど嫌じゃなく、“なんだこれ?”という楽な感じで、違うことをやろうと思えた。想像していたよりも遥かに大したことなかった」という。

それを聞いて「40歳くらいの時なんですね〜」とつぶやく香取に、「いろいろあんのよ世の中生きてりゃね」と返すヒロミの言葉は感慨深いものがあった。

今回はヒロミのランドクルーザーに乗ったが、21日に『香取慎吾 katorishingo_official Instagram』で「おじゃマップの収録の時の移動の時の車の中の座る場所はいつもここ前の席にはザキヤマいつも後ろからザキヤマの後姿に話し掛ける僕香取慎吾」とロケ車での表情を投稿している。

思えば移動する車中で香取がゲストとトークするなか、様々なエピソードが飛び出したものだ。さらにザキヤマとはオンエアに乗らない会話もなされただろう。そんな光景がなくなるのは寂しい。

フォロワーからも「お二人の間の快適な距離感。これからもずっとずっと続いていくことを願っています」「沢山思い出があるよね。そこの席からいろんな景色を見ていろんな会話をしたんだよね。思い出してるのかな」「こんな顔の慎吾初めて見た気がするよ」などの反響があった。

画像は『香取慎吾 2018年2月21日付Instagram「おじゃマップの収録の時の移動の時の車の中の座る場所はいつもここ」「おじゃマップが楽しくて楽しくて楽しくて楽しくて楽しくて楽しくてありがとーーーーーー!」』のスクリーンショット

Techinsight

「香取慎吾」をもっと詳しく

「香取慎吾」のニュース

BIGLOBE
トップへ