加藤綾子に平昌五輪の向かい風?「目立ちすぎ」とブーイング

2月23日(金)7時15分 アサジョ

 フジテレビの平昌五輪キャスターを務めているカトパンことフリーアナの加藤綾子に逆風が吹いているという。加藤は現地に設けられたスタジオから連日、熱戦の模様を届けているが、その放送に批判が寄せられているというのだ。

「日本人選手の活躍に視聴者が沸くなか、現地スタジオで歓声をあげるのはいいのですが、カトパンの嬌声がどうにも耳障りなのです。彼女は少し鼻にかかった独特の声が特徴で、バラエティ番組であれば芸人らのガヤに埋もれずに済むというメリットがあるものの、スポーツ中継ではどうにも気になってしまいます。せっかくフィギュアスケート銅メダリストの高橋大輔と、柔道で五輪三連覇の野村忠宏という大物を現地スタジオに送り込んでいるのですから、もう少し落ち着いた進行を見せてもらいたいものですね」(テレビ誌ライター)

 高橋は採点競技ならではの難しさを語ることができ、野村は金メダリストの視点を披露できるので、視聴者も2人の解説に耳を傾けている。しかしそこに加藤の甲高い声が挟まることから、「もっとマジメにやってほしい」と感じる視聴者もいるようだ。

「そんなフジに対して、TBSではメインキャスター中居正広の脇で宇内梨沙、小林由未子の両アナが控えめなサブに徹し、NHKではカーリングの市川美余氏やスノーボードの岩垂かれん氏ら美人解説者を前面に押し出し、女子アナは落ち着いた進行に努めています。その意味でフジテレビの五輪中継は加藤の華やかさが悪目立ちしていますね」(前出・テレビ誌ライター)

 評論家を食うほどに注目されるのは加藤自身が存在感を持っている証拠でもあるのだが、ここはなんとか気配を消す努力をしてみてもいいのかもしれない。

(白根麻子)

アサジョ

「加藤綾子」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「加藤綾子」のニュース

BIGLOBE
トップへ