“最凶の敵”サノスVSアベンジャーズ、ロバート・ダウニー・Jr.「団結しない限り僕たちは生き残れない」

2月23日(金)18時0分 映画ランドNEWS

US公開よりも早い2018年4月27日(金)に日本公開される映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』より、“最凶の敵”サノスの場面写真が解禁となった。


アベンジャーズ


既に公開されている映像では、アイアンマンやスパイダーマンをはじめとする主役級ヒーローたちが地球の危機に直面する姿を見ることができるが、それに加えてとてつもないインパクトを与えているのが“最凶の敵”サノス。アイアンマンを殴り飛ばし、抵抗するスパイダーマンをいとも簡単に地面に押さえつけてしまうという圧倒的な力を見せつけている。


マーベル・スタジオのプレジデント、ケヴィン・ファイギは「アベンジャーズらが対峙した史上最悪のヴィラン」とサノスについて話す。6つすべて手に入れると世界を滅ぼす無限大の力を得るインフィニティ・ストーン。その究極の力を秘めた石を狙うサノスについて、「もし彼が6個のインフィニティ・ストーンを手に入れると、指をパチンと鳴らしただけで宇宙の半分の人口を消し去ることができるんだ」と恐ろしい事実を明かした。


解禁となった場面写真ではインフィニティ・ストーンを納める“ガントレット”を装着したサノスの姿が描き出され、すでに2つのストーンを手にしてしまっていることが確認できる。サノスからインフィニティ・ストーンを守るため、アベンジャーズは再び集結し、新しいメンバーも迎え生死をかけた闘いに身を投じていく。


アベンジャーズのメンバーとしてサノスと対峙することとなる、ソー役のクリス・ヘムズワースは「サノスは、僕らが今までに戦った最も強い敵だよ」と断言。また、アイアンマン役のロバート・ダウニー・Jr.は「脅威のレベルが上がったから、僕たちは団結しない限り僕たちは生き残れないんだ」と最新作では集結せざるをえない状況であり、命を懸けた死闘が繰り広げられることを匂わせた。ケヴィンはサノスを倒すために最も必要なこととして「彼らがまとまりを持ち、団結することです」とコメントを残した。



映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は4月27日(金)全国公開


©Marvel


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「ロバート・ダウニー・Jr.」をもっと詳しく

「ロバート・ダウニー・Jr.」のニュース

BIGLOBE
トップへ