メドベージェワ銀、惜しい「もしも」 FS連続ジャンプ直前の変更、予定通りなら...?

2月23日(金)15時15分 J-CASTニュース

ロシアスケート連盟の公式サイトから

写真を拡大

平昌五輪フィギュアスケート女子はアリーナ・ザギトワが金メダル、エフゲニア・メドベージェワが銀メダルとなったが、2人はフリースケーティングの得点が同じだった。ショートプログラムの得点差がそのままメダルの色を分けた。


メドベージェワは、ジャンプの基礎点が1.1倍になる後半に予定していた連続ジャンプを、本番では前半に持ってきた。先に演技したザギトワを見た後、急きょ入れ替えたと見られる。



直前に採った「安全策」、しかし...



女子フリーは2018年2月23日に行われた。最終グループ4番滑走のザギトワは、全7ジャンプを基礎点が1.1倍になる後半に配置する構成で挑んだ。ほとんどミスをしないザギトワだが、事前に公表されていた予定のプログラムにあった3回転ルッツ+3回転ループ(連続ジャンプ)でファーストジャンプの着氷が乱れ、単独ジャンプになった。その後、予定では3回転ルッツ(単独)だったジャンプを、3回転ルッツ+3回転ループ(連続)に切り替えた。



ザギトワの後に演技したメドベージェワは、前半最初のジャンプを、予定していた3回転フリップ(単独)から、3回転フリップ+3回転トウループ(連続)に切り替えた。この連続ジャンプは基礎点1.1倍の後半に跳ぶ予定だった。ザギトワにわずかではあるが着氷の乱れがあったのを見て急きょ、ハイリスクの連続ジャンプを前半に持ってくる「安全策」に変更した可能性がある。



2人のフリーは、ザギトワが技術点81.62+演技構成点75.03点。メドベージェワは技術点79.18+演技構成点77.47。合計すると同じ156.65点だった。ショートでついた1.31点差がそのまま2人の合計点差になり、ザギトワに勝利の女神がほほ笑んだ。



ファン「最初のジャンプ後半に飛んでたら...」



仮にメドベージェワが上記連続ジャンプを後半に持ってきていれば、通常の基礎点9.6点が1.1倍されて0.96点増える。その分、元々前半に予定していた3回転フリップ(単独)の基礎点5.3点の1.1倍分(0.53点)がなくなるので、差し引き0.43点が増える。この単純計算では、技術点でショートの1.31点差は埋まらない。



だが、それでもツイッター上では、



「メドベちゃん、フリップのコンビネーションそのまま後半にもっていってればどうだったんだろう...?熾烈な戦い...」

「最初のジャンプ後半に飛んでたらメドベちゃんが金やったかなぁ...フリー同点かぁ...恐ろしいなぁ」

「メドベ本当に惜しかった...コンビネーションを後半にしていたら?とか 色々考えちゃうけど最後までメドベの世界で大拍手でしかない」


と思わずにいられないユーザーが複数見られた。

J-CASTニュース

「ジャンプ」をもっと詳しく

「ジャンプ」のニュース

BIGLOBE
トップへ