aiko、予期せぬ“30年振りの再会”に絶句

2月23日(日)2時3分 ナリナリドットコム

歌手のaikoが、2月21日に放送されたラジオ番組「下埜正太のショータイムレディオ」(ABCラジオ)に出演。同局の三代澤康司アナと30年振りに再会した。

今回が3回目のゲスト出演となるaikoに、「どうしても会いたい」と、三代澤アナがスタジオに。予期せぬゲストの登場に、aikoは思わず絶句してしまう。

それは約30年前、中学生だったaikoは、三代澤アナの担当番組主催のボーリング大会やラジオまつり(年間恒例行事のリスナー感謝祭)に参加したことのある、番組のヘビーリスナーだったから。

三代澤アナも「いやーほんとにこうやって実物の(aikoさんと)相対することは私にとって長年の夢でした」「人にはそれぞれ“時代”というものがあるけれども、こんな何十年も経ってこうしてまた出会えるなんて」と感無量の様子だ。

番組パーソナリティの下埜正太も「こんな再会の番組ってよくあるけど、やっぱり(目の当たりにすると)感動しますね!」と感慨深げ。

実は、aikoは番組イベント以外にも、三代澤アナ担当番組の「真夜中のアカペラ」というコーナーにリスナーとして電話出演したこともあったという。

「あの(電話出演の)後にあったチャンピオン大会で優勝して賞金もらって……」と当時を振り返るaiko。不思議な縁を感じるとともに、30年越しの再会に、聴いている側もどこかほっこりする、そんな一場面となった。

ナリナリドットコム

「aiko」をもっと詳しく

「aiko」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ