菅総理のカンペ記事コピーを国会審議中野党議員が回し読み

2月23日(水)17時0分 NEWSポストセブン

菅首相が党首討論に持参したカンニングペーパー

写真を拡大

 審議が立ち往生している通常国会を、本誌記事が盛り上げている。


 2月15日の予算委員会。野党議員の間で一枚のコピーが回覧され、小泉進次郎・代議士らが食い入るように読み耽っていた。


「進次郎クン。これ、面白いぞォ」(金田勝年氏)


「ホントですねぇ〜」(小泉氏)


「おーい。オレにも見せてくれよ」(金子一義氏)


 ——そんなやり取りが聞こえてきそうなひとコマである。その後、紙は小里泰弘氏、佐田玄一郎氏らの手に渡っていった。


 回覧されていたのは、本誌前号のグラビア「×セコすぎる『菅ペ』」(NEWSポストセブン2月14日配信)。2月9日の党首討論で菅直人・首相が、〈×詰問 ○真摯〉〈×政策の比べあい ○リーダーの器の比べあい〉などの“答弁心得”を書いた紙を握りしめる様子を、写真とともに報じた記事である。


 本誌記事を熟読していただくのはありがたいが、ここは図書室ではない。


「同僚議員が質問に立っているのに、ほとんど聞いちゃいない。質問している側だってカンペ頼りだから、緊張感のカケラもなかった」(本誌カメラマン)


 税金からバカ高い文書通信交通滞在費を貰っているのだから、コピーの回し読みなどせず、自腹で購入してほしいものである。


※週刊ポスト2011年3月4日号

NEWSポストセブン

「審議」をもっと詳しく

「審議」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ