覚醒剤逮捕から6年ぶり日本芸能界復帰の桂銀淑が現状を語る

2月23日(日)7時0分 NEWSポストセブン

 2007年末に覚せい剤所持で逮捕され、2008年8月に韓国にやむなく帰国した歌手の桂銀淑(52才)が、日本のメディアの前に現れたのは、実に6年ぶりのこと。現在、彼女は歌手復帰を決め、新曲のレコーディングの日々を送っていた。


 1979年に韓国で歌手デビューした彼女は、その後、作曲家・浜圭介氏の目にとまり、1985年に『大阪暮色』で日本デビューを飾った。その年に全日本有線放送大賞で新人賞を獲得し、紅白歌合戦には1988年から7年連続で出場。


 しかし、1996年、当時の所属事務所から独立してから、人生の歯車が狂い始める。


「新しい事務所を作る際に、日本の銀行の勝手がよくわからず、銀行から借りずに知人から大金を借りてしまったんですね。しかも、そのお金も泥棒に盗まれたり…。


 1998年に夫(1992年に結婚した韓国人実業家)と離婚したときも、いろいろあって彼の借金を私が被ることになり、どんどん借金が膨れ上がっていったんです。


 当時は金銭トラブルが続いていましたが、決して報じられていたような、ギャンブルで借金を作ったわけではないんです。


 私としては、歌手活動で返済していきたかったんですが、あの時はそうしたトラブルに加えて、更年期障害にも悩まされていて、満足に歌を歌うことさえできなくなっていました…」(桂、以下「」内同)


 一時、借金は3億円にも膨れ上がり、2001年にはその独立した事務所からも2億5000万円の返済を求めた裁判まで起こされた。


 こうして心身共に追い詰められた彼女は、2002年、うつ病になってしまう。


「もう人と話すのも嫌になって、せっかくのコンサートもキャンセルしたり…。当時は自分がうつ病だという自覚もなくて、ただ“死にたい”と思い詰める毎日でした。


 でも、当時は母(90才)と私の2人だけの暮らしでしたから、私が自殺したら残された母はどうなるのか。そう考えると死ぬこともできなくて…。最後は医者を頼って、なんとか生きながらえたんです」



 2007年11月、彼女は日本中のメディアを騒然とさせる。


<桂銀淑、覚せい剤逮捕>


 都内の自宅マンションに覚せい剤を隠し持っていたとして逮捕されたのだ。


「事務所トラブルでうつ病になってしまったあの時期に、芸能界に出入りする知人に“元気が出るよ”と言って渡されたことがきっかけでした…」


 懲役1年6か月、執行猶予3年の判決を受けた彼女は、ビザの期限切れも重なり、2008年8月、韓国に帰国することになる。


 それからは年老いた母と2人、ソウル市内の2LDKのマンションで質素な生活を送ってきたという。


「母は4年ほど前から認知症の症状が出てきて、時々記憶が途切れてしまうんです。この数年、私は母に付きっきりで、食事やお風呂、排泄の世話まで、ひとりで介護しながら生きてきました。


 それまでずっと仕事で忙しく、母には寂しい思いをさせてきましたから、韓国に戻ってからは、母と一緒の時間を大切にしたかったんです」


 だが、そんな介護生活のなかで、彼女はひとつのことに気づく。


 母の記憶に残っている自分は、世話をしてくれる“娘”ではなく、“歌手・桂銀淑”だったのだ。


「歌手として活躍していた頃の印象が強かったんでしょうね。時々、母は歌っていた頃の私を思い出すのか、“新しい歌はないのかい?”とか“早くテレビに出て歌っておくれ”なんて言うんです…。


 母の人生の最後に、私が歌手としてしっかり頑張る姿を見せたい、心からそう思うようになりました」


 そうして母に背中を押されるように、歌手復帰を決意。昨年夏には、桂の知人が、ちあきなおみ(66才)の『喝采』や、細川たかし(63才)の『北酒場』などのヒット曲を手がけた作曲家の中村泰士氏に、桂のための楽曲の制作を依頼する。彼は「あのハスキーボイスが健在であれば」という条件付きで、ソウルを訪れた。


 中村氏はスタジオで、当時のままの声で歌う彼女を目の当たりにし、作詞作曲を快諾。昨秋に計3曲を彼女に提供した。


※女性セブン2014年3月6日号

NEWSポストセブン

「覚醒剤」をもっと詳しく

「覚醒剤」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ