秘書が別の航空会社を手配 個人的マイル貯め損ね役員激怒

2月23日(木)16時0分 NEWSポストセブン

ポイントに一喜一憂のオバ記者

写真を拡大

 女性セブンの名物アラカン記者“オバ記者”こと野原広子が、世の中かのおかしなことに怒りをぶつける。今回はポイントカードの話題です。


 * * *

「ポイントカードをお持ちですかぁ?」。家電量販店、コンビニ、居酒屋、衣料品店にデパート、ラーメン店…。財布を開くところにポイントカードあり。


 私は長らく、支払い額が1000円以内程度なら、面倒だからずっと、「ありません」ときっぱり断っていたの。だけど、毎回同じことを聞かれると、「すごく損をしているかも」という気持ちが頭をもたげてきてね…。


 気づけば、いつの間にかあれもこれもと、財布の形がゆがむほどの数のカードが入りこんでいて、もう何が何だか。


◆100円分のポイントを逃してくよくよする


 レジで財布をひっくり返したくないから、ポイントカードの存在をあらかじめ確かめてから店に入るんだけど、困るのは、めったに行かない店で急な買い物があるときよ。


 ポイントカードを探して、「あれ、あったはずなんだけどな」とカードの束でトランプめくりを始めると、後ろに並んだ客から「チッ」と舌打ちされる。あわてて、「じゃ、いいです」とあきらめるときの敗北感。そんなときに限って5000円もの買い物で、しかも「本日限り、ポイント倍」。ってことは、手に入るはずの100円分のポイントをみすみす逃したわけよ。


 もっと悔しかったのは、コツコツと2年がかりで貯めた1500円分のポイントが前日で期限切れしていたとき。


 あと、フラッと入った店で支払いのとき、「クーポンをお持ちですか?」と言われるときもヤ〜な感じ。“どっちみち小銭レベル”と割り切ろうとしても、食べたものがどこか急にまずく感じたりして。


◆マイルを貯め損ねたと秘書を怒鳴りつけるか



 ある企業のベテラン秘書と飲み仲間だったことがある。その日、珍しく機嫌が悪い彼女にワケを聞くと、原因は、「マイル」。


 彼女が新たに担当した役員が福岡出張をするので、飛行機の手配をしてチケットを手渡した。そのとたん、「オレはJALじゃなくてANA」と怒り出したんだって。


「キミは何年秘書をやっているんだ。どっちのマイルを貯めているか、聞いてから手配をするのが常識だろう。えーっ?」と言う役員に、ひたすら頭を下げるのも仕事のうち。


「私のミスで1円でも会社に損をさせたなら、どんなに怒られても仕方ないよ。でも、個人で使うマイルを貯め損ねたからって、それであそこまで言う?」


「わかるわ〜」と相づちを打ちつつ、「どっちの気持ちも」と言いかけた。


 マイルは飛行機のチケットにも換わるし、それで買い物できる店もたくさんある。その役員、きっと「今年の努力目標」とか掲げていたんじゃないかしら。


 ま、それが「今」なんだろうけど、貯める喜びが、いつの間にか“損してないか。もっと得する方法があるんじゃないか“とキョロキョロ。それで、どんどん人間が小さくなる気がするんだわ。


 えっ? そんな人ばかりではない? 失礼しました!


※女性セブン2017年3月9日号

NEWSポストセブン

「秘書」をもっと詳しく

「秘書」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ