『あたし おかあさんだから』 変わる時代とのギャップ

2月23日(金)7時0分 NEWSポストセブン

『あたし おかあさんだから』はなぜ炎上した?

写真を拡大

『あたし おかあさんだから』。こんなタイトルの歌が物議を醸している。この歌は、絵本作家の「のぶみ」さんが作詞で、NHK『おかあさんといっしょ』で11代目うたのおにいさんを務めた横山だいすけが歌うもの。歌のなかでは〈あたし おかあさんだから〉というフレーズとともに、育児に追われる母親の日常が描かれている。


 この歌がネットの動画サイトで配信されるやいなや、「母親にがまんや自己犠牲を強いている」「子供にはとても聞かせられない」「なぜ父親が登場しないの」という批判が殺到した。


 ツイッターでは、「あたしおかあさんだけど〇〇」とのフレーズが流行し、「あたしおかあさんだけど お酒飲むよ」「あたしおかあさんだけど 夜遊びいくよ」という“反論”ツイートがあふれた。


 反響は芸能界にも及んだ。『ノンストップ!』(フジテレビ系)では、出産と育児を経験した千秋(46才)が「そうそう、わかるって思った。何でそんなにみんな怒ってるのかな」と共感すれば、独身の三倉茉奈(31才)は「お母さんになることを、私ちょっと無理かもしれないって思っちゃう」と打ち明けた。


 思わぬ大炎上に、当初は「ママお疲れさまの応援歌なんだ」と釈明していたのぶみさんは謝罪に追い込まれ、曲は配信停止となった。


 確かに世の中を見渡せば、今や「おかあさんだけど〇〇」は当たり前だ。厚生労働省の「国民生活基礎調査」(2015年)によれば、女性労働者に占めるワーキングマザーの割合は68.7%。過去最高の数字となった。


 一方で昔ながらの「寿退社」を選ぶ女性は減っており、リクルートの調査によれば、結婚と同時に退社を希望する者はわずか7.8%となっている。夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美さんが指摘する。


「昔の日本では、伝統的に女性は結婚して子供を産むと“家族に尽くす”ことが求められました。でも今はお母さんになっても仕事や趣味、社会貢献ができるようになり、女性の選択肢が広まった。これは社会構造の変化や女性の社会進出が進んだことも理由ですが、最も大きいのは当の女性たちが家族に尽くすばかりでなく、“ひとりの人間”として生きることを望んだからです」


 出産後も仕事や趣味を持ち続けて社会に復帰するお母さんたちは、総じておしゃれできれいになった。


◆今の母親は昔に比べ若々しいままでいられる


『VERY』(光文社)や『mama girl』(キララメディア)などのファッション誌でも“ママファッション”が大人気。出産して母親になっても女らしくいることが選べる時代になった。


「少子化」もその一因だと池内さんが指摘する。



「昔は子だくさんの家庭が多く、子育てをしているとあっという間に時間が流れました。しかし少子化が進む現在は、お母さんの自由になる時間が増えた。また、昔のように子供をたくさん産めば、それだけ体も疲弊しますが、子供の少ない今の母親は昔に比べて若々しいままでいられる」


 2児の母親でカラーコーディネーターとして活躍しながらモデル業もこなす筧沙奈恵さん(30才)はこう話す。


「私も含めて、周りのママ友には自分を犠牲にして子供に尽くすことをよしとする人はあまりいません。子供を置き去りにすることなく、自分のおしゃれやキャリアも諦めない、バランスの取れたママがかっこよくて理想です」


 今秋のNHK連続テレビ小説『まんぷく』のヒロインに安藤サクラ(32才)が抜擢されたことも、時代の象徴といえる。安藤は昨年6月に夫である柄本佑(31才)との間に長女を出産したばかり。東京在住の彼女は今年5月から、赤ちゃんを抱えて大阪にある撮影所に“移住”する。


「毎回ヒロインが倒れる」と噂されるほど過酷な朝ドラの撮影に、幼い子供のいる「ママさんヒロイン」が起用されるのは初めて。撮影所内に託児所を設け、撮影時間を前倒しして夜10時には終えるといった“ママシフト”が敷かれる予定だ。


 出産4か月後にオファーを受けた安藤は、「子供を産んだらお仕事は無理と思っていたけど、夫や家族が背中を押してくれた」と語った。


※女性セブン2018年3月8日号

NEWSポストセブン

「ギャップ」をもっと詳しく

「ギャップ」のニュース

BIGLOBE
トップへ