平昌五輪会場は冬ソナのロケ地 往年の日本人ファン大興奮

2月23日(金)16時0分 NEWSポストセブン

冬ソナの撮影で使用したゴンドラ

写真を拡大

 日本のメダルラッシュに沸く平昌五輪の真っただ中。石川晴菜選手も出場したアルペンスキー大回転会場の龍平(ヨンピョン)リゾートの付近には、五輪観戦以上の盛り上がりを見せる一団があった。


「ここ、ここ! ユジンが雪の上で泣いたところ!」

「あのゴンドラが止まったから、彼が愛の告白をしたわけでしょ!?」


 カメラ片手にはしゃぐ女性たちは、日本から来た観光客。


「私たち韓流ファンにとって、平昌は“聖地”なんです。冬季五輪にかこつけて来たんですが、やっぱり観戦より聖地巡礼に熱が出ちゃって…」(50代女性)


 実はここ平昌は、2003年に日本で韓流ブームを巻き起こした『冬のソナタ』のロケ地として、知る人ぞ知る穴場スポットなのだという。韓国ドラマに詳しい作家の康熙奉(カン・ヒボン)氏が語る。


「『冬ソナ』の劇中、チュンサンとしての記憶を失ったミニョン(ペ・ヨンジュン)とユジン(チェ・ジウ)は、スキー場再開発の仕事で再会し、愛を育んでいく。そのスキー場こそ、平昌なんです。平昌近郊はロケ地として何度も使用されました。人工雪が降る中、ユジンがひとり泣くシーンがあるのですが、実際のスキー場もよく人工雪を降らせており、現地に行ってみると劇中と現実のリンクに感動しますよ」


 とくに冒頭の龍平リゾートは、ふたりが雪を掛け合って遊んだシーンをはじめ、名シーンが多数撮影された場所。


 ファンにとって最も印象的なシーンが、山頂施設での出来事だろう。


「強風でゴンドラが止まり、ふたりが山頂の施設に閉じ込められてしまうのですが、ここで、ミニョンは初めてユジンに愛の告白をする。実際、龍平は風が強く、よくゴンドラが止まります。リアルなロケーションをうまく反映させたシーンです」(康氏)


 平昌周辺にも冬ソナのロケ地は多数ある。同じ江原道には、ふたりが高校時代にデートした「並木道」のある南怡島(春川市)や、ミニョンとユジンが旅行に訪れた東海市の湫岩海岸など、劇中の光景がそのまま広がる名所が点在している。


 平昌は五輪開催のためにKTX(韓国高速鉄道)が2017年12月に開通し、ソウルから1時間半で到着するのも嬉しい点。そこから春川市、東海市までは車で1時間程度だ。


「せっかく平昌に来たのなら、近くのロケ地を全部回った方がいいと思って。これから春川に行ってきます」(40代女性ファン)


■撮影/康熙奉


※女性セブン2018年3月8日号

NEWSポストセブン

「五輪」をもっと詳しく

「五輪」のニュース

BIGLOBE
トップへ