高視聴率のTBS音楽特番、本当に“超貴重映像”満載だった

2月23日(土)16時0分 NEWSポストセブン

TBSが豊富なオリジナル映像を保持しているワケは?

写真を拡大

 2月11日、『歌のゴールデンヒット』(TBS系)が約4時間にわたって放送された。5回目の特番となる今回は『昭和・平成の歴代歌姫ベスト100』をテーマに取り上げ、オリコン集計開始の1968年から2018年までのデータで作成した女性歌手(ソロ、デュオ、グループ)のシングル総売上ベスト100を発表し、12.5%(ビデオリサーチ調べ/関東地区。以下同)という高視聴率を獲得した。その理由はどこにあったのだろうか。


 著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)の中で、歌番組の歴史についても構造的に解析している芸能研究家の岡野誠氏が細かく分析する。


 * * *

『歌のゴールデンヒット』を紹介する新聞のテレビ欄には〈▽今夜しか見られない超貴重映像を大放出!〉という文言もあった。本当に“超貴重映像”だったのかを検証してみよう。


 過去映像中心の番組の場合、いかにオリジナリティを出せるかに命運がかかっている。言い換えれば、PVやMV、ライブなどの映像よりも、TBS独自の素材が求められている。


 4時間以上に及ぶ番組内で、ベスト100と番外編などを含め過去の歌唱シーンは144本オンエアされた。番組上のテロップを参考に調べると、TBSオリジナル映像は113本。全体の78.5%にも上った。内訳は以下の通りだ(番組名にはそれぞれの関連番組を含む。『輝く!日本レコード大賞』であれば『速報!日本レコード大賞』、『うたばん』であれば『とくばん』など)。


【1位】31回:輝く!日本レコード大賞

【2位】21回:コンサート映像(歌手のビデオやDVDなど)

【3位】16回:ザ・ベストテン

【4位】14回:COUNT DOWN TV

【5位】10回:記載なし1(おそらくPV、MVと推測される)

【6位】9回:うたばん

【7位】8回:日本有線大賞

【8位】7回:8時だョ!全員集合

【9位タイ】3回:トップスターショー歌ある限り、記載なし2(*注)

【11位】2回:JNN音楽フェスティバル

【12位タイ】1回:高島忠夫とヒット歌謡大全集、植木等ショー、ロッテ歌のアルバムなど多数


【*注:イントロクイズとして出題された森昌子八代亜紀岩崎宏美の映像はクレジットの記載がなかったが、映像背景や歌の年代、字幕スーパーなどからTBSオリジナルと判断】



 このTBS独自映像113本を年代別に分けてみよう(カッコ内は全体の本数。『歌のゴールデンヒット』内での表記はあくまで曲の発売年だが、番組名のクレジットなどからいつの年代の映像か判断した)


【1960年代】8本(8本中)/100.0%

【1970年代】33本(35本中)/94.3%

【1980年代】22本(30本中)/73.3%

【1990年代】33本(49本中)/67.3%

【2000年代】10本(14本中)/71.4%

【2010年代】7本(8本中)/87.5%

【合計】113本(144本中)/78.5%


 1980年時点でビデオデッキ普及率は2.4%に留まっていた。つまり、視聴者が録画素材をほとんど持っていない1970年代の映像の価値は必然的に高くなる。


 ビデオデッキ普及率が2ケタ未満だった1982年以前の独自映像をカウントすると、48本。全144本の歌唱シーンのうち、33.3%が特に超貴重映像だったと言える。


 これに加え、1970年代の藤圭子やキャンディーズ、南沙織、麻丘めぐみ、高田みづえの『8時だョ!全員集合』でのコント、ドラマ『時間ですよ』での堺正章と天地真理のシーンもオンエア。なかなかお目にかかれない映像を繰り出すことで、『歌のゴールデンヒット』の価値は高まっていった。


 1970年代に『ザ・ベストテン』や『全員集合』などテレビ史に残る大ヒット番組を放送し、“民放の雄”と呼ばれたTBSだからこそ、12.5%の視聴率が獲れたという見方もできる。


 1980年代以降の独自映像の比率はやや低くなるが、それでも70%前後をキープしている。たとえば、1990年に忌野清志郎と坂本冬美が『DAYDREAM BELIEVER』を歌うシーンもオンエアされた。同年に行なわれたイベント『ロックの生まれた日』の映像で、1990年5月25日放送の『ロックが生まれた日』(※番組でのクレジット、当時の新聞にも“ロックの”ではなく、“ロックが”と記載)の一部と思われる。


 ビデオデッキ普及率は1990年には既に60%を超えていたが、まだまだビデオテープは高価な時代であり、放送時間が深夜24時50分からだったため、“超貴重映像”と言えるだろう。



◆TBSが豊富なオリジナル映像を保持しているワケ


『歌のゴールデンヒット』のテレビ欄に書かれていた〈▽今夜しか見られない超貴重映像を大放出!〉という謳い文句に偽りはなかった。なぜ、TBSはこれほどオリジナル映像を保持しているのか。


 振り返れば、歌番組の大きなブームはTBSから始まっていた。1959年12月27日、第1回の『日本レコード大賞』の受賞発表が行なわれる。TBS(当時のKRT)は3日後の30日、録画で午後3時5分から35分間放送。1969年には大晦日のゴールデン帯で生中継し、高視聴率を獲得した。すると、翌年にTBS以外のテレビ・ラジオ民放8局が『日本歌謡大賞』を立ち上げる。1970年代中盤には各局に音楽祭が乱立し、“賞レースブーム”が巻き起こった。


 1978年1月、TBSは4つの基準を元に独自のランキングを作成して10位から週間順位を発表していく『ザ・ベストテン』を開始。当初は10%台後半だった視聴率は、10月以降25%を下回ることなく、翌1979年には30%台を連発する。これを見た他局もランキング番組を続々と作った。


 1980年代後半から音楽祭の視聴率が低下していき、1990年代前半には各局が撤退していく。『日本歌謡大賞』も1993年限りで終了した。その中で、TBSは『日本レコード大賞』を継続。『ザ・ベストテン』は1989年9月限りで幕を閉じたが、1992年10月から土曜20時台で『COUNT DOWN100』という新たなランキング番組を始め、1993年4月からは土曜深夜帯で『COUNT DOWN TV』に衣替えし、現在も放送中だ。


 TBSは先駆者として放送音楽界を牽引し、試行錯誤しながらも継続してきた。そのため、『歌のゴールデンヒット』ではどの年代でも高い確率でオリジナル映像を放送できた。


 現在、TBSにはゴールデン帯のレギュラー歌番組がない。他局を見ても、特番の歌番組では数字を獲れても、毎週の放送となると現状は厳しい。そんな時代だからこそ、先駆者のTBSが新たな歌番組に挑戦してほしいとも感じた。


※参考文献:『TBS50年史』


●文/岡野誠:ライター・芸能研究家・データ分析家。研究分野は田原俊彦、松木安太郎、生島ヒロシ、プロ野球選手名鑑など。一時、『笑点』における“三遊亭好楽ドヤ顔研究”を試みるも挫折。著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)は、『ザ・ベストテン』の本邦初公開と思われる年別ランクイン数の順位、田原俊彦の出演シーンを詳細に振り返るなどの巻末付録も充実している。

NEWSポストセブン

「視聴率」をもっと詳しく

「視聴率」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ