ジャニスト重岡大毅が週刊誌編集者役「腹黒キャラにやりがい」

2月23日(日)7時0分 NEWSポストセブン

ジャニーズWEST・亀岡が明かすエピソード

写真を拡大

 現在放送中のドラマ『知らなくていいコト』(日本テレビ系)に、週刊誌の編集部員・野中春樹役で出演している。ジャニーズWEST重岡大毅(27才)。普段の爽やかさからは想像できないような、“クズ男”っぷりが話題になっている。そんな重岡に、同じく週刊誌である『女性セブン』が直撃取材! ドラマ収録の裏話や、ジャニーズWESTの活動についても語ってもらいました。


「明るい役をやることが多かったので、オファーをいただいたときは新鮮な気持ちでした」と語る重岡。これまでにも映画『溺れるナイフ』やドラマ『これは経費で落ちません!』(NHK)など話題作に出演し、爽やかな好青年役で高い演技力を評価されてきたが、今作では一変して腹黒い“クズ男”キャラを演じている。


「これまでやってこなかったような役やから、チャレンジという気持ちも強いですし。監督にもプロデューサーにも、『こういう悪い役をやれる機会ってなかなかないよ』って言われて、確かにその通りやなと。やりがいがあります」(重岡・以下同)


 回を重ねるごとに、闇が濃くなっていく野中。一方、ドラマのタイトルにかけて「知ってよかったと思うコトは?」と尋ねると、重岡自身からはこんなほっこりするエピソードが。


「たたむと『たたんでくれてありがとう』って文字が出てくる紙パックのジュースとか、ラーメン屋のどんぶりの底に『またのお越しをお待ちしてます』って書いてあるのとか、そういうのを見つけると知ってよかったなって幸せな気持ちになりますね(笑い)」


 グループとしては3月にCDアルバムを発売予定。また、それを引っさげての全国ツアーもスタートする。


「これまでのジャニーズWESTにあまりなかったような世界観を、しっかり作り込んだアルバム、ツアーになる予定です。夏には東京ドームと京セラドームでのコンサートも決まっているんですけど、それはツアーとは別の内容でやる予定。つまり、1年に2回まったく違うコンサートをやるんですよ。なかなかないことやから、ファンの皆さんも楽しみにしててほしいな」


 重岡個人としても、グループとしても、濃い一年になりそうだ。


※女性セブン2020年3月5日号

NEWSポストセブン

「週刊誌」をもっと詳しく

「週刊誌」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ