『あの花』『キズナイーバー』で岡田麿里氏に関わってきた入野自由さん&梶裕貴さん、初日舞台挨拶で『さよならの朝に約束の花をかざろう』を語る

2月24日(土)18時30分 アニメイトタイムズ

2018年2月24日(金)より、『true tears』や『花咲くいろは』でタッグを組んだ岡田麿里氏とアニメーション制作会社P.A.WORKSの最新作『さよならの朝に約束の花をかざろう』(『さよ朝』)が公開となりました。当日の新宿バルト9では初日舞台挨拶が行われ、主演の石見舞菜香さん(マキア役)をはじめ、入野自由さん(エリアル役)、梶裕貴さん(クリム役)ら声優陣が登壇。本作が初監督作品となる岡田氏や、P.A.WORKSの堀川憲司社長、主題歌アーティストのrionos(リオノス)さんらとトークを繰り広げました。 
入野さんが「絶対素敵な作品になる」と太鼓判
舞台挨拶が始まると、まずは岡田氏が公開初日を迎えた今の心境を語っていくことに。本作は企画から5年、制作から3年を経ているそうですが、「この日のためにみんなで頑張ってきた」と話すと、多くのファンに見てもらえることを喜んでいました。


制作期間も長かったようで、テレビシリーズと違って視聴者の声を制作中に聞くことはなかったそう。だからこそ不安になる事もあったようですが、スタッフ同士で声を掛け合いながら作ってきたとも話したました。岡田氏が本作への意気込みを語ると、続いて石見さんへの質問となりました。石見さんは本作が初めての劇場作品で、なおかつ主役であることについて、緊張した様子ながら「台本をいただいた時から早く全国の人たちに観てもらいたい」と語り、作品への自信を覗かせた。本作が初監督となる岡田氏の代表作『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(『あの花』)にて、主人公の宿海仁太を演じていた入野さん。本作へ参加できたことは素直に嬉しかったそうで、いつかまた岡田氏の手掛ける作品に関わりたかったとコメント。また、そんな本作の台本を読んだ際にものすごい感動を覚えたと話すと、その場で岡田氏に「絶対素敵な作品になりますね」とメールを送ったことを明かしました。同じく『キズナイーバー』などで仕事をしていた梶さんは、岡田氏の作品は役者として楽しい作品ばかりだったと話しました。本作にも何か関われたら嬉しいと思っていたそうで、クリムというキャラクターを演じられることを喜んでいました。また、本作の収録はプレスコで行われたそうですが、その段階からキャラクターへ感情移入してしまったとも。 
梶さん病んでるクリム「そっちのほうがやりやすかった」
収録のエピソードに話題が移ると、石見さんが収録時はまだ現場に立った経験自体が少なかったと話しました。当時はまだ事務所に入ったばかりで、不安を抱えていたとも述べていましたが、入野さんを始めとした先輩方に支えてもらったのだとか。また役作りについては、根本的な性格はマキアに近いところがあるので等身大で素直に向き合ったとのこと。


さきほど名前の挙がった入野さんは、自分が先輩方に教えてもらったものを石見さんに渡す感じだったそう。中学生の頃から関わってきた音響監督の若林和弘氏からも「頼むぞ」と言われていたそうで、その期待に応えるよう頑張ったそうです。

梶さん演じるクリムは、物語の後半に入ると少し病んだ表情を見せてくれます。これについて梶さんは「そっち(病んでるクリム)のほうがやりやすかった」と話すと、そういった感情は誰にでもあるものなので、そこを自分の中で膨らませていったとコメントした。岡田氏によると声優陣の演技は絵の面にも多大な影響を与えたとのことで、梶さんの演じるクリムの持っていた病んでいるなかにもある優しさ、穏やかな切なさを強調していった話していた。

主題歌については、岡田さんから石見さんと同じようにrionosさんの歌声を聴いてマキアを感じた話が明らかに。曲が来てからはスタッフ間でも聴きながら作業していたそうですが、ここで堀川氏から「自分は聴くだけではなく歌っていた」という衝撃のエピソードが飛び出します。しかしほかのスタッフからは「それなんですか?」と聞かれてしまったのだとか。この話題で笑いが起きたところで、最後に岡田氏から「みなさんに観ていただくでこの作品は完成する」というコメントがありました。それを見届けるためにも、ぜひ劇場へ足を運んでください。

[取材・文・撮影/胃の上心臓]

アニメイトタイムズ

「入野自由」をもっと詳しく

「入野自由」のニュース

BIGLOBE
トップへ