映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』今だからこそ観てみたい感染の恐怖!ラストには涙がこぼれる!

2月23日(日)1時31分 K-board



カンヌ国際映画祭やシッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭などで話題となり、電車という閉ざされた空間で突如起こったウイルスの脅威!韓国のアニメーション界の新鋭ヨン・サンホ監督の初の実写作品で、アジア全域で人気のある俳優コン・ユ主演です。あらすじ&キャストを画像満載ギャラリー付きでご紹介。


『新感染 ファイナル・エクスプレス』とは?






韓国のアニメーション界で注目を集めてきた新鋭ヨン・サンホ監督が初めて手がけた実写長編映画である本作。ソウルとプサンを結ぶ時速300キロも出す高速鉄道の中で突然発生した、謎のウィルスの感染拡大で引き起こされる恐怖とカオスを描いた韓国製サバイバルパニックアクションストーリーです。






主演は、『コーヒープリンス1号店』『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』のコン・ユ。その他にも、キム・スアン、マ・ドンソク、チェ・ウシク、キム・ウィソン、シム・ウンギョンらが出演しています。






本作は謎のウイルスとはうたっているものの、韓国初のゾンビ映画として製作されているそうです。しかし、原題は『TRAIN TO BUSAN』。日本語に訳すと「釜山行き」というゾンビなどおくびにも出さないタイトルになっています。






本作を作るにあたり、高額な製作費だったものの、どうせ人気は出ないであろうとスタッフも製作者もキャストもゾンビという言葉は使わず、アレとかソレとかという風に呼んでいたそうですよ。





本作を観た誰もが大絶賛するこのノンストップ・サバイバル・アクション映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』は、カンヌ国際映画祭ミッドナイト・スクリーニング部門に特別招待作品として出品されたり、ファンタジア国際映画祭では最優秀作品賞、シッチェス・カタロニア国際映画祭で監督賞・視覚効果賞に輝くなど、国際的に高い評価を受けています。






監督は本作が長編実写映画デビューとなるヨン・サンホ






好きな監督は中島哲也監督や今敏監督で、子どもの頃には押井守監督、大友克洋監督、宮崎駿監督の影響を受けたというヨン・サンホ監督。2011年製作の『豚の王』で映画デビューし、『卒業クラス』といったメッセージ性の強いアニメを発表しており、人間の暗部や格差社会の問題に注目している社会派アニメーターとして韓国を牽引している人物でもあります。






前日談のアニメ映画『ソウル・ステーション パンデミック』も製作





本作の前日譚となる物語が長編アニメ「ソウル・ステーション パンデミック」で明らかにされているそうですから、アニメ好きや本作にご興味を持たれた方はこちらもご覧になってみるといいかもしれません。






アニメーションなのに、怖いです。なんだかゾンビに追いかけられるシーンは映画「アイアムアヒーロー」のようかも?このアニメ作品の監督もご紹介している『新感染 ファイナルエクスプレス』同じようにヨン・サンホ氏が監督を務めており、声の出演には「サニー 永遠の仲間たち」のシム・ウンギョン、「王になった男」のリュ・スンリョンらが参加しています。


『新感染 ファイナル・エクスプレス』続編も2020年夏公開!







この投稿をInstagramで見る









영화 #반도 촬영끝~! 2020년 여름! 많이 기대해주세요~~!!! #부산행그후4년 #연상호감독님 #강동원 #이정현

#이정현 #LeeJungHyun(@mermaidleejh)がシェアした投稿 -





本作の続編として、ヨン・サンホが引き続き監督を務める『반도(原題)』が2020年夏に公開予定となっており、アメリカでは本作のリメイクが決まっているそうです。






2019年10月に日本語で「半島」を意味するタイトルが付けられた本作の続編である作品が、カン・ドンウォン主演で撮影がクランクアップしたそうで・・・。イ・ジョンヒョンが撮影現場の写真とともに「映画『半島』撮影終了!」と報告し、2020年夏を楽しみに待つようメッセージを添えて撮影終了を報告しています。本作が気に入ったら続編も要チェックですね。


『新感染 ファイナル・エクスプレス』キャスト






本作に出演したキャストをご紹介していきます。主演はドラマ「コーヒープリンス1号店」などに出演していたコン・ユ。その他にも出演しているキャストの中にはアカデミー賞を4部門も受賞した韓国映画の「半地下の家族」にも出演していた チェ・ウシクも出演しています。


ソ・ソグ役/コン・ユ






コン・ユ(공유/Gong Yoo)
1979年7月10日生まれ
釜山直轄市(現・釜山広域市)出身






日本でもミニコンサートを行ったことがあるコン・ユ。テレビドラマ『乾パン先生とこんぺいとう』『コーヒープリンス1号店』『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』映画『トガニ 幼き瞳の告発』『サスペクト 哀しき容疑者』などに出演しています。


キム・スアン役/キム・スアン






キム・スアン(김수안/Kim Su-An)
2006年1月27日生まれ







2011年から活動している彼女は、子役から活動しており沢山のドラマや映画に出演しています。


ソンギョン役/チョン・ユミ






チョン・ユミ(정유미/Jung Yu Mi)
1983年1月18日生まれ
韓国・釜山広域市出身






テレビドラマ『ロマンスが必要2012』映画『トガニ 幼き瞳の告発』『82年生まれ、キム・ジヨン』などに出演しています。


ユン・サンファ役/マ・ドンソク






マ・ドンソク(마동석/Dong-seok Ma)
1971年3月1日生まれ
韓国出身、18歳で家族とアメリカに移住






ミン・ヨングク役/チェ・ウシク






チェ・ウシク(최우식/Woo-sik Choi)
1990年3月26日
韓国・ソウル特別市出身 
11歳の頃に家族でバンクーバーに移住・カナダ国籍






アカデミー賞4部門に輝いた『パラサイト 半地下の家族』でソン・ガンホ演じるギテクの息子ギウ役を演じています。


キム・ジニ役/アン・ソヒ






アン・ソヒ(Sohee)
1992年6月27日生まれ
ソウル出身






2007年から女性アイドルグループ、ワンダーガールズのメンバーとして活動。2014年にグループを脱退して、女優として歩み出した。出演作は『お熱いのがお好き』「Heart to Heart〜ハート・トゥ・ハート〜」など。


ヨンソク役/キム・ウィソン






キム・ウイソン(김의성/Eui-sung Kim)
1965年12月17日生まれ
韓国出身






「豚が井戸に落ちた日」、「オフィス」、「独占:ビート・ザ・デビルズ・タトゥー」などに出演しています。


ジョンギル役/パク・ミョンシン






パク・ミョンシン(박 명신/Park Myeong-shin)
1964年3月28日生まれ
韓国出身


インギル役/イェ・スジョン






イェ・スジョン(예수정/Ye Su-Jeong)
1955年3月25日生まれ
大韓民国出身


乗務員役/チャン・ヒョクジン






チャン・ヒョクジン(장혁진/Jang Hyeok-Jin)
1971年8月16日生まれ
大韓民国出身


ホームレス役/チェ・グィファ






チェ・グィファ(Gwi-hwa Choi)



Yoo Gong, Sohee, Gwi-hwa Choi, and Woo-sik Choi in Busanhaeng (2016)




感染者の女役/シム・ウンギョン






シム・ウンギョン(심은경/Shim Eun-kyung)
1994年5月31日生まれ
韓国ソウル特別市出身






映画『サニー 永遠の仲間たち』『怪しい彼女』『新聞記者』などに出演しています。


運転士役/チョン・ソギョン






チョン・ソギョン(Seok-yong Jeong)
1970年12月31日生まれ
韓国 羅州市出身


代理役/キム・チャンファン






キム・チャンファン(김창환/Kim Chang-Hwan)
1986年9月1日生まれ
韓国・ソウル出身






「ゆれながら咲く花」「君を守りたい〜ONE MORE TIME〜」など沢山の作品に出演しています。


〜ご注意〜






ここから先は、簡単ですがあらすじと本作のギャラリーになっております。詳しいあらすじは書いておりませんが、ご紹介する画像からネタバレになる可能性があります。ご自身の判断にてお進みください。ネタバレをお嫌いになる方は、この先へは進みませんように。そして、本作の画像にはグロいシーンも含まれております。苦手な方はご注意くださいませ。


『新感染 ファイナルエクスプレス』あらすじ






幼い娘スアンを別居中の妻が住むプサンへと送り届けることになったファンドマネージャーのソグ(コン・ユ)。ソウル駅からプサン行きの特急列車KTX101号に乗り込むのですが、発車直前に謎のウイルスに侵された女性も乗車。そして、乗務員が彼女にかみつかれるとあっという間に車内はパニック状態になってしまいます。そんな異変に気が付いたソグは、サンファ(マ・ドンソク)とその妻ソンギョン(チョン・ユミ)らと共に車両の後方へ避難。やがて彼らは、車内のテレビで韓国政府が国家非常事態宣言を発令したことを知ることに・・・・。


『新感染 ファイナルエクスプレス』ギャラリー










































































観終わった人々が、ラストを目にして涙を流す理由・・・・ぜひ本作をご自身の目で観てお確かめくださいませ。


作品基本情報


原題:부산행 (釜山行)/Train to Busan
製作年:2016年製作
製作国:韓国
配給:ツイン



K-board

「感染」をもっと詳しく

「感染」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ