正統派路線を捨て、エロ路線邁進中!? 吉川友が向かう先は...

2月24日(火)20時35分 メンズサイゾー

 12期メンバーを加えて本格的な活動を開始したモーニング娘。'15(以下、モー娘。)を筆頭に、新メンバー加入と改名後のシングル『大器晩成』が大ヒットを記録したアンジュルムなど、今年に入り何かと話題を集めているハロー!プロジェクトのアイドルたち。3月3日の武道館公演をもって無期限の活動停止に入るBerryz工房なども注目を浴びる中、ハロプロ・ファンの間でひときわ異彩を放っているのが吉川友(きっかわ・ゆう/22)だ。


 吉川といえば、2006年にモー娘。のオーディションを受けて最終審査まで残るも落選。その後、ハロプロの研修生集団・ハロプロエッグに所属して2011年5月に念願のソロ・デビューを果たした。アイドル業の傍ら持ち前のプロポーションを活かしてグラビア活動も展開。トーク力を買われてバラエティ番組へ出演するなどマルチな活躍で人気を博した。そして最近では過激な露出に挑戦している姿も見かけることに...。


「いわゆるセクシー路線への転向ですね。そもそものキッカケは昨年の夏にブラジルで開催されたイベントに参加したことで、その際には乳輪がハミ出そうなサンバビキニ姿を着用して大通りを闊歩していました。さらに別のイベントのステージではスカートを着用しながら大胆な開脚姿に挑戦してパンチラも披露。その後はパンチラを防止するためか、股間に何度も手を当てていましたが、それがまた妙にエロいと話題になりました」(芸能ライター)


 ネット上では「攻めすぎ」「ほぼ乳出てる」「浅草サンバカーニバルに出場してくれ」などの言葉が飛び交うこととなった吉川の過激露出。あくまでも外国でのイベントにおける彼女なりのサービス精神ということで納得の声もあったが、21日に出演したラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)でのエロ発言にはさすがのファンも唖然とするしかなかったようだ。


「同番組は明石家さんまさん(59)がメインMCを務め、村上ショージさん(59)とハロプロのメンバーがレギュラー出演する番組で、この日はモー娘。の飯窪春菜さん(20)と鞘師里保さん(16)とともに吉川さんも出演しました。番組内で以前吉川さんが出演したネットテレビの中で"笑い上戸を床上手と言い間違えた"ことが話題となり、『最低やな』とさんまさんにツッコまれた吉川さんはなぜか『最高です!』と返答しながらも続けて『なんでそんな言葉知ってるんや?』と問われると、『いや、ネットとかでいろいろ調べた...。いや調べてはいないんですけど』と妙に焦っていました。


 その後、公式アイテムとして販売している自身の等身大抱き枕の売り上げが好調だという話題では、さんまさんに『枕に床上手と名づければよかった』と言われ、『いいですねえ〜』と嬉しそうに返事。さんまさんとショージさんに向かって『使ってくれますか〜?』とも聞いており、その姿は正統派アイドルのイメージからかけ離れていたものでしたね」(同)


 ハロプロでは松浦亜弥(28)や真野恵里菜(23)に連なる正統派ソロ歌手の系譜に位置づけられていた吉川。そんな彼女にいったい何があったのか。この放送を聞いた芸能ライターの織田(おりた)祐二氏も驚きを隠せないようだ。


「個人的には、現在のモー娘。の絶対的センターである鞘師が『床上手ってどういう意味ですか?』と質問し、さんまさんに意味を教えられるまで『古い言葉...』と感心していた姿がツボに入りましたね(笑)。それはともかく、やはり吉川の発言は衝撃的といえるでしょう。グラビアにおいては元々"ワガママBODY"の異名でお馴染みの彼女ですが、そのセクシーさはあくまでもアイドルという枠組みでの話。正統派アイドルという肩書きがあるからこそ彼女のグラビアは輝いても見えたわけです。しかし、自身の抱き枕に喜んで『床上手』と名づけるようですと、その貴重な価値を失いかねません」


 周囲のハロプロ勢が話題を集める中にあって、吉川なりに自身のウリを見つけようと必死なのかもしれない。5月には7カ月ぶりのニュー・シングルを発売するため、その話題作りではないかという見方もある。いずれにしろエロという方向性は刺激的だけに注目を浴びやすいが、アイドルにとってはリスクも大きい。27日からはペルーで行われるジャパンポップカルチャーイベントに出演予定となっているが、そこでどんな言動を繰り出してくれるのか、注目したい。
(文=ニイゼキユウジ)

メンズサイゾー

「モーニング娘。」をもっと詳しく

「モーニング娘。」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ