柳いろは、乳首露出寸前の最新DVDが好評! イイ女度UPで「日本一エッチなお姉さん」から「日本一エッチなオンナ」に

2月24日(土)16時0分 メンズサイゾー

 グラビアアイドルの柳いろは(27)が、イメージ作品『恋するレトロガール』(イーネット・フロンティア)をリリースした。さっそく通販サイトのランキングで上位に入り、ネット上のグラビアファンの間で好評を博している。


 約1年ぶりとなるイメージDVDで、バスト89センチのGカップボディを大胆に見せつけた柳。カラフルな三角ビキニや真っ白な競泳水着などを身につけ、ビーチやホテルでセクシーなポーズを決めまくっている。


 素肌にオーバーオールといった男心をくすぐる姿も披露。このオーバーオール姿では、胸の谷間や横乳があらわになり、あわやポロリという瞬間もあるほど過激になっている。さらにスケスケドレスのシーンや絶妙なパンチラショット、激しい胸揺れが見られるダンスシーンなどもある。


 これにネット上のファンからは、「かなり攻めてますね」「めちゃくちゃ色っぽい」「久々に見たけど、ずいぶんエロい(笑)」「まさにイイ女って感じ」といった絶賛コメントが続出。1年ぶりのDVDとあって、柳の"成長"を感じる人が多いようだ。これまでの柳といえば、「日本一エッチなお姉さん」と呼ばれることが多かったが、今回のDVDを目にした人からは「これらからは"日本一エッチなオンナ"だな」という声までも上がることになった。


 ちなみに、「日本一エッチなお姉さん」とは、柳の妹でグラドルの柳ゆり菜(23)が、2014年のNHK朝の連続テレビ小説『マッサン』をきっかけにブレイクしたことからつけられたキャッチコピー。妹の方が先に売れっ子の仲間入りを果たしたわけだが、その人気に引っ張られるように柳の注目度も上昇し、現在は美人姉妹グラドルとして活躍する。


 妹と比較されることも多いが、柳も着実に男性人気を拡大。たぬき顔でキュートな妹に対し、柳は大人の魅力を打ち出し、昨年には限界突破の露出に挑んだ初のビジュアルブック『いろは』(双葉社)をリリースし、セクシー系グラドルとして確固たるポジションを築いた。


 グラビア以外でも注目され、話題のアイドルグループ「ラストアイドル」の吉崎綾(21)と共に人気ラブコメ漫画を原作にした映画『天使じゃないッ!』『天使じゃないッ!2』(いずれも4月公開予定)にダブル主演。また、レギュラー出演するバラエティ『橋本マナミのヨルサンポIII』(BSフジ)での赤裸々な発言で話題を集めることも多い。


 この『ヨルサンポ』で柳は、セクシーな企画にも果敢に挑戦。最新ランジェリー特集などでは、自らがモデルになってキワどい下着を身につけ、イメージ作品ばりの悩殺ポーズを決めた。さらに、男性用のセクシーランジェリーが紹介された際には、ビキニパンツをはいた"もっこり男子"が柳の目の前に現れたことも。柳は目を丸くしたが、ご対面の瞬間は「まるでアダルト作品のようだ...」と話題を呼んだ。


 イメージ作品だけでなく、バラエティなどでもカラダを張っている柳。セクシーなキャラをウリにする彼女は、まだまだ人気を高めることになりそうだ。

メンズサイゾー

「日本一」をもっと詳しく

「日本一」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ