稲垣吾郎、月9デビュー作での“失敗”激白「今だから言える」

2月24日(日)22時11分 マイナビニュース

俳優の稲垣吾郎が24日、都内で行われた主演映画『半世界』(公開中)の舞台挨拶に、共演の渋川清彦とともに登壇。フジテレビ系“月9”デビュー作『二十歳の約束』(1992)での失敗を明かした。

稲垣と渋川が“ネタバレ”ありで撮影秘話を語り、本作での葬式シーンの話になると、稲垣が死人役の演技について「動いちゃいけないというのは絶対的なこと」とコメント。続けて、「今思い出しましたけど…」と、『二十歳の約束』について語り出した。

そして、「(稲垣が演じた)主人公の純平くんが海で死ぬんですね。そのときにちょっと目が動いているんですよ。よーく見るとわかるんです。撮影しているときに誰も気づかなかったみたいで。月9デビューでやっちゃったんです」と打ち明け、「それが編集室で大問題になったらしくて。でもオンエアするしかないって感じで」と苦笑い。

続けて、「でも、あんまり気付かれなかったんです。昔からドラマを見て下さっている方も知らなかったでしょ?」と観客に問いかけると、「知らない」という声が。稲垣は「意外とマニアの方でもわからない。今だから言えるって感じですけど」と話し、このエピソードに笑いが起こった。

阪本順治監督の完全オリジナル脚本による『半世界』は、39歳という人生の折り返し地点を迎えた男性3人が、家族や友人との絆を通じ、あらためて大切なものに気づかされていく物語。主人公の炭焼き職人・紘を稲垣が演じ、紘のかつての同級生・瑛介を長谷川博己、紘と瑛介の同級生・光彦を渋川清彦、そして、紘の妻・初乃を池脇千鶴が演じた。

マイナビニュース

「稲垣吾郎」をもっと詳しく

「稲垣吾郎」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ