『暗殺教室』の実写化第2弾はフランスでも期待大!人気作品は連載長期化するジャンプの中ではきれいに完結?

2月24日(水)17時0分 おたぽる

『暗殺教室』より

写真を拡大

 週刊少年ジャンプで連載中の『暗殺教室』が3月中で完結することが、2月22日発売の同誌内で発表された。

 2012年から連載がスタートし、テレビアニメ化や実写映画化などもされた人気作品だが、惜しまれながらの完結となる。それに合わせて、というわけではないだろうが、3月25日には「暗殺教室〜卒業編〜」という実写映画第2弾も公開される。この「卒業」は、フランス人にも衝撃を与えたようで、早速記事が書かれていたので、adala-news(http://adala-news.fr/2016/02/fin-du-manga-assassination-classroom-annoncee/)より一部を紹介しよう。

「アニメ第2シーズンに合わせてきたのかな」
「完璧なタイミングで終わりにするようだね!いい漫画の条件には、いいタイミングで終わっているっていうのも大事だと思うな」
「漫画大成功してるし、ちょうどいい時期だよね」
「ドラゴンボールもこうあるべきだったのでは…」
「さーて、次回作に期待しよう」
「2015年に大ヒットした作品の1つだよね」
「いいときに終わりにしてもらえてよかったなあ、作者」
「アニメも終わるしね」
「永遠に続くような漫画ではないもんな、確かに」
「どうやって終わるんだ、これ」
「最後映画で締めるっていうのがいいね」
「すべてのいいものには終わりがあるものだねえ」
「悲しいけど、作者が終わりにしたいタイミングみたいだからしょうがないよね」
(adala-newsより)

 と今のタイミングで終わらせるのは作者としても、作品としてもベストだ! という意見が多い。残り5話で完結するようだが、殺せんせーを暗殺できても、できなくても好評を博したまま卒業できるのは間違いなさそうだ。

(文=柏葉美月)

おたぽる

「暗殺」をもっと詳しく

「暗殺」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ