フジモン、開き直った「チョリース!」連発に広がる「もうやめとけ」の同情

2月25日(火)18時0分 アサ芸Biz

木下優樹菜・藤本敏史

写真を拡大

 2月18日放送の「ロンドンハーツ」に出演したFUJIWRAの藤本敏史が、元妻である木下優樹菜のネタである「チョリース!」を連発したのだが、ネット上では相変わらず冷たい声が相次いでいる。

 この日の放送は中堅芸人たちの悩みにお笑い第7世代の若手が回答するという企画で、ジャンポケ斉藤慎二が相方に対する悩みを相談すると、かつて相方の不祥事でコンビを解散した経験のあるEXITのりんたろー。が、「3人でいることが当たり前だと思ってはいけない。いつ、いなくなっても不思議じゃないってことを忘れないで欲しい」と相方への対応を考えるべきだと注意を促した。

「これにロンブー田村淳が、『これはりんたろー。がね、苦しい思いをしたからね、相方の問題で。当たり前のようにいた相方がね、いつの日かパッといなく…俺もや!』とノリツッコミを見せ、すかさず有吉弘行がフジモンに対して『コイツも!』と振ると、『お前、チョリースや。チョリース、チョリース!』と言いながら有吉に逆水平チョップをしたんです」(お笑いライター)

 続けて淳がフジモンに「それ、いただいたんですよね?」と尋ねると「いただきました。財産分与で!」と語り、スタジオでは大きな笑いが起きていたのだが…。

 ネット上は完全に冷めており、《もうやめとけ》《あんな騒動起こした人をネタにされても笑えない》《世間がユッキーナにうんざりしていることに気づいていない》《フジモンが悪いわけではないが、悲しいくらいに笑えない。痛々しいにも程がある》《謝罪もせず雲隠れしてる元嫁を思い起こさせるネタはやめた方がいい》など厳しい意見が多く寄せられていた。

「フジモンは15日放送の『フォトぶら』(関西テレビ)でも『チョリース』をネタにボケていましたから、なるべく早く離婚を笑いに変えたいという思惑が見えますが、世間は木下のネタを求めていない向きが強いようです。木下が復帰するのか引退するのか、依然としてはっきりした状況では、彼女に触れれば嫌悪感の矛先はフジモンに向かう。『チョリース』などはしばらく使わないほうがいいかもしれませんね」(前出・お笑いライター)

 やぶれかぶれな気持ちは分からないでもないが…。 

アサ芸Biz

「ロンドンハーツ」をもっと詳しく

「ロンドンハーツ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ