草薙航基、部屋の中で大爆発が起きた「ペットボトル」の“教訓”

2月25日(火)10時0分 アサ芸Biz

宮下草薙

写真を拡大

 宮下草薙の草薙航基が、まさかの爆発事件に遭遇していたという。

 2月19日の「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)では、宮下草薙と、女性お笑いトリオ・3時のヒロインがそれぞれの親と一緒に出演。「うちの子何とかして下さい!」をテーマに、子供たちの困ったところを取り上げる企画を放送した。
 
 ここで3時のヒロイン・福田麻貴の母親が、娘のだらしなさを告白。鼻をかんだティッシュなどをそこら中に投げ捨て、ゴミ箱に入れないと苦言を呈していた。それを受けて宮下草薙の宮下兼史鷹が、草薙の部屋はゴミ屋敷だと暴露。天井までゴミが積みあがっていると明かすと、パネラーの島崎和歌子が思わず顔をしかめたほどだ。ここで草薙の口からおぞましいエピソードが語られたという。

「草薙はロフト付きの部屋に住んでおり、普段はロフトで生活。ティッシュやお菓子の食べかすなどを1階に投げ捨てていたそうで、1階全体がいわば巨大なゴミ箱に化していたようです。そんなある日、階下でいきなりペットボトルが爆発。それはトマトジュースだったそうで、内容物が発酵してガスが発生したことが原因だったと語っていました」(テレビ誌ライター)

 しかしトマトジュースが発酵したくらいのことで、ペットボトルが爆発したりするものなのだろうか?

「ジュース用のペットボトルは無菌充填を重視する一方で、炭酸飲料とは異なり耐圧仕様にはなっていないため、発酵によるガス圧に耐えきれないこともあるとか。19年4月にはフリーアナの大橋未歩が、やはりトマトジュースのペットボトルが爆発した経験を告白。飲み残しで放置されていたペットボトルを開けようとしたところパアーン!と吹き飛び、指がなくなったと思うほどの衝撃を受けたと語っていました」(前出・テレビ誌ライター)
 
 ゴミ屋敷の住人も、せめてペットボトルだけはマメに捨てておいたほうが良さそうだ。

(北野大知)

アサ芸Biz

「ペット」をもっと詳しく

「ペット」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ